スバル、新型「フォレスター」を11月13日に発売

2012.11.02 自動車ニュース

スバル、新型「フォレスター」を11月13日に発売

富士重工業は2012年11月1日、「スバル・フォレスター」をフルモデルチェンジすると発表。11月13日の公開へ向け、ティザーサイトをオープンした。

「フォレスター」はスバル独創の「シンメトリカルAWD」を搭載したSUVモデル。今回フルモデルチェンジする新型は、1997年発売の初代から数えて4代目にあたる。

新型は「SUVとしての本質的な価値の実現」を目指し、「走る」「曲がる」「止まる」といったクルマの基本的な運動性能をはじめ、安全性能、環境性能による「安心」の価値を向上。同時にSUVならではの道具としての使う愉(たの)しさと、ストレスなく自由な移動を可能にする走る愉しさを大幅に進化させたとうたわれる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4595×1795×1695mm(ルーフレール付きは1735 mm)、ホイールベースは2640mmと、従来型よりも一回り拡大。エンジンは2リッター水平対向4気筒(最高出力148ps/6200rpm、最大トルク20.0kgm/4200rpm)と、DITと呼ばれる2リッター水平対向直噴ターボ(最高出力280ps/5700rpm、最大トルク35.7kgm/2000-5600rpm)の2種類が設定され、前者にはCVTと6MTが、後者にはCVTのみが組み合わされる。

新型「フォレスター」オフィシャルサイト:
http://www.subaru.jp/countdown/index.html

(webCG)

新型「スバル・フォレスター」
新型「スバル・フォレスター」

スバル、新型「フォレスター」を11月13日に発売の画像

スバル、新型「フォレスター」を11月13日に発売の画像

スバル、新型「フォレスター」を11月13日に発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る