スバル、新型「フォレスター」を11月13日に発売

2012.11.02 自動車ニュース

スバル、新型「フォレスター」を11月13日に発売

富士重工業は2012年11月1日、「スバル・フォレスター」をフルモデルチェンジすると発表。11月13日の公開へ向け、ティザーサイトをオープンした。

「フォレスター」はスバル独創の「シンメトリカルAWD」を搭載したSUVモデル。今回フルモデルチェンジする新型は、1997年発売の初代から数えて4代目にあたる。

新型は「SUVとしての本質的な価値の実現」を目指し、「走る」「曲がる」「止まる」といったクルマの基本的な運動性能をはじめ、安全性能、環境性能による「安心」の価値を向上。同時にSUVならではの道具としての使う愉(たの)しさと、ストレスなく自由な移動を可能にする走る愉しさを大幅に進化させたとうたわれる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4595×1795×1695mm(ルーフレール付きは1735 mm)、ホイールベースは2640mmと、従来型よりも一回り拡大。エンジンは2リッター水平対向4気筒(最高出力148ps/6200rpm、最大トルク20.0kgm/4200rpm)と、DITと呼ばれる2リッター水平対向直噴ターボ(最高出力280ps/5700rpm、最大トルク35.7kgm/2000-5600rpm)の2種類が設定され、前者にはCVTと6MTが、後者にはCVTのみが組み合わされる。

新型「フォレスター」オフィシャルサイト:
http://www.subaru.jp/countdown/index.html

(webCG)

新型「スバル・フォレスター」
新型「スバル・フォレスター」

スバル、新型「フォレスター」を11月13日に発売の画像

スバル、新型「フォレスター」を11月13日に発売の画像

スバル、新型「フォレスター」を11月13日に発売の画像

関連キーワード:
フォレスタースバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
ホームへ戻る