「日産GT-R」、2013年モデルはさらに進化

2012.11.02 自動車ニュース
2013年モデルの「日産GT-R ピュアエディション」
「日産GT-R」が走りと質感を高めた2013年モデルに進化

「日産GT-R」、2013年モデルはさらに進化

日産自動車は2012年11月2日、ハイパフォーマンスモデル「GT-R」の2013年モデルを11月19日に発売すると発表した。

「プレミアムエディション」
「日産GT-R」が走りと質感を高めた2013年モデルに進化
「日産GT-R」が走りと質感を高めた2013年モデルに進化
「プレミアムエディション」の内装には、新たにブラック/アンバーレッドの2トーンのファッショナブルインテリアを設定。
「日産GT-R」が走りと質感を高めた2013年モデルに進化

今回発売される2013年モデルは、今年参戦したニュルブルクリンク24時間レースからのフィードバックにより、走りの性能がさらに進化。エンジンは燃料噴射量を高精度に制御できる高出力用インジェクターの採用や、ターボチャージャー、オイルパンの改良などにより、中回転域のレスポンスと高回転域での加速の伸びを向上させたという。

シャシーでは、ロールセンターを下げるとともにスプリングとショックアブソーバー、フロントスタビライザーの仕様を変更したほか、ドライブシャフトからハブベアリングの締結トルクを高めるなどして、超高速走行時の走行安定性とサーキット走行時における高負荷時の信頼性を向上。ボディーもダッシュパネルバー2カ所とインストメンバー部にレインフォースを追加するなどして、車体剛性を向上している。

インテリアも手が加えられており、「プレミアムエディション」ではブラックとアンバーレッドのファッショナブルインテリアをオプション設定したほか、フロントシートを手縫いのセミアリニン本革製に変更。「ブラックエディション」ではブラックとレッドのスポーティーなステアリングホイールを採用したほか、レカロ製カーボンバケットシートをオプション設定。「ピュアエディション」も、ステッチの色を変更し、ドアトリムやインストパッドの縫い目のピッチを拡大することで、質感の向上が図られた。

このほかにも、「ブラックエディション」と「プレミアムエディション」にはバックビューモニターを標準装備。「ブラックエディション」には、ドライカーボン製リアスポイラーとレイズ製アルミ軽量鍛造ホイールをセットでオプション設定した。

価格は「ピュアエディション」が875万7000円、「ブラックエディション」が963万9000円、「プレミアムエディション」が978万6000円、「エゴイスト」が1516万8300円。

(webCG)

「ブラックエディション」のインパネまわり。
「日産GT-R」が走りと質感を高めた2013年モデルに進化
「ブラックエディション」のシート。
「日産GT-R」が走りと質感を高めた2013年モデルに進化

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る