【スペック】全長×全幅×全高=3900×1695×1490mm/ホイールベース=2490mm/車重=1180kg/駆動方式=FF/交流同期モーター(102ps/5200-12000rpm、15.3kgm/0-2800rpm)/航続距離=200km(JC08モード)/価格=357万7000円(テスト車=387万7000円/100V給電システム=30万円)

マツダ・デミオEV(FF/1AT)【試乗記】

市販しなけりゃもったいない 2012.11.06 試乗記 マツダ・デミオEV(FF/1AT)
……387万7000円

マツダの売れっ子コンパクトカー「デミオ」にEVバージョンが登場。その走りにはどんな特徴があるのか? 一般道と高速道路で試した。

満を持してのEVバージョン

ハイブリッドカーと並ぶエコカーの本命と見られてきた電気自動車(EV)の勢いに、最近、陰りが見えつつあるようだ。

当初は好調な売れ行きを示していた「日産リーフ」は、2012年度については、世界販売目標をクリアできない恐れが出てきた。最大のマーケットである北米での販売が低迷しているようだ。一方日本では、長所のひとつであるCO2排出量の少なさに関して、実はハイブリッドカーと変わらないという主張がある。原子力発電所が止まり、太陽光・風力発電はこれからという中で、火力発電への依存率が急速に高まっているからだ。

そんな中、マツダから「デミオEV」が発表されたというニュースを見て、「どうして?」と思った人も多いだろう。マツダといえば、高効率の内燃機関を主役とした「スカイアクティブ・テクノロジー」で独自の地位を築きつつあるからだ。そこで導入の理由を開発担当者に聞いたら、ちょっと心温まる答えが返ってきた。

現在、EVに最も熱い視線を送るのは、地方自治体や企業だ。移動コストの節約になるし、環境イメージのアピールにもなる。それはマツダが本拠を置く広島県でも同じだ。しかし同県は、これまでEVを積極的に導入しておらず、導入にあたり地元産のEVを使いたいという気持ちから、マツダに開発を要望したのだ。涙が出るような郷土愛である。
マツダは1970年代から、「ファミリア」や「ボンゴ」のEV仕様を数台レベルで製作していて、EVと無縁ではない。しかも環境性能向上のためには、電気エネルギーの活用が不可欠であり、EVの開発が必要であるという結論に至ったそうだ。

マツダの「デミオEV」は、100台限りの電気自動車。2012年10月、中国地方の地方自治体や法人顧客を中心にリース販売が始まった。
マツダの「デミオEV」は、100台限りの電気自動車。2012年10月、中国地方の地方自治体や法人顧客を中心にリース販売が始まった。
インテリアは、メーターの表示など一部を除き、ガソリン車の「デミオ」と共通のものとなる。
インテリアは、メーターの表示など一部を除き、ガソリン車の「デミオ」と共通のものとなる。
メーターのアップ。中央のスピードメーターに「EV」のロゴが添えられるほか、左側にはパワーメーターが、右側にはEV独自のマルチインフォメーションディスプレイが与えられる。
メーターのアップ。中央のスピードメーターに「EV」のロゴが添えられるほか、左側にはパワーメーターが、右側にはEV独自のマルチインフォメーションディスプレイが与えられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る