第99回:イマドキ大学生にも通じる? 〜「ロードスター」感性重視のクルマづくり

2009.06.29 エッセイ

第99回:イマドキ大学生にも通じる? 〜「ロードスター」感性重視のクルマづくり

「感性」でつくるクルマ

2009年6月18日、早稲田大学で「マツダ・ロードスター」の主査、貴島孝雄さんの講演会が行われた。
講演者が技術者だけに、理系が対象……と思われるだろうが、さにあらず。文化構想学部という、文系学部での一コマなのである。

この講演会は「感性重視のモノ創り‘マツダロードスターの開発’」と題されたもの。主催した早稲田大学文化構想学部の山本恵子先生は、「モノづくりの感性」を考えるという目的でコーディネートしたという。

ご存じのとおり、ロードスターと言えば、1989年のデビュー以来の大ヒットで、オープン2シーターのライトウェイトスポーツカー市場が存在することを示し、「BMW Z3」「フィアット・バルケッタ」「メルセデス・ベンツSLK」など、多くのフォロワーを生むことになった、伝説的モデル。「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」として、ギネスブックにも名を連ねている。

この名車が生まれた背景を説明するのには、「感性」という言葉が不可欠なのだ。

ところで、「感性」とはなにか? 辞書を引くと、「物事に感じる能力。感受性。感覚。」(「大辞林」三省堂より)と記される。これをクルマづくりで言うと、「スペックには表れない運転の楽しさや、デザインの美しさなどを感じること」になるだろう。

この数値化できない評価軸「感性」をキーワードに開発が進められたクルマ、それがロードスターなのだ。初代から現行モデルである3代目まで、一貫して“走る楽しさ”を徹底的に追及してつくられている。当然、その開発の様子は、他のクルマと大きく異なったものだった。

今回の講演会では、この「ロードスター」(初代〜3代目)の開発ストーリーが題材となった。


第99回:イマドキ大学生にも通じる? 〜「ロードスター」感性重視のクルマづくりの画像
講演会は学生だけでなく、一般の人の聴講も可能だった。
講演会は学生だけでなく、一般の人の聴講も可能だった。
初代の「ユーノス・ロードスター」。
初代の「ユーノス・ロードスター」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ