【スペック】全長×全幅×全高=4815×1920×1390mm/ホイールベース=2745mm/車重=2390kg/駆動方式=4WD/6リッターW12DOHC48バルブターボ(610ps/6000rpm、76.5kgm/1750rpm)/価格2570万円(テスト車=2814万2300円 ※2008年モデル)

ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/6AT)【試乗記】

尖らない最高峰 2009.06.29 試乗記 ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/6AT)
……2814万2300円

数ある高級車のなかでも、他と一線を画す、特別なオーラをまとうベントレー。“史上最速”を誇る「コンチネンタルGTスピード」を箱根で試した。

今も昔も、パワーは“十分”

コンチネンタル(大陸)とは、ベントレーが伝統的に使ってきた高性能モデルの呼称である。GTとは、ご存じグランド・トゥアラー、贅沢な2ドアのクーペを意味する。島国イギリス生まれのベントレーには、ヨーロッパ大陸を疾駆するGTのイメージが憧憬としてあるのだろう。80年ぶりに復活した“スピード”は、遠く1920年代、6気筒ベントレーのスポーツモデルに与えられていたモデル名である。スピードという潔くてカッコいいネーミングをクルマに使った初めての例ではなかったか。

最近のベントレーといえば、とくに日本では「タイヤの付いた札束」みたいに見られがちだが、こんなふうに車名ひとつとっても、それでスコッチを何杯か飲めるほどのウンチクのかたまりなのだ。

コンチネンタルGTスピードは、史上最速のベントレーにして、世界最速のグランド・トゥアラーである。2003年に登場したコンチネンタルGTの6リッター W12気筒ツインターボにさらなるメカチューンとチップチューンを施し、610psのパワーと76.5kgmのトルクを得ている。ベースのコンチネンタルGTは560psだから、なんとしても600psの大台に乗せるというのが“復活スピード”の使命だったのだろう。まさに今昔の感だ。

というのも、かつてのベントレーは、兄弟ブランドのロールス・ロイスとともにエンジンの出力やトルクをいっさい公表しなかった。“謎”だったのである。メーカーに数値を問い合わせれば、ひとこと「“sufficient”(十分)」という答えが返ってきた。彼らが一般大衆の知りたがる謎に答えるようになったのは80年代に入ってからである。

ベースとなるコンチネンタルGTのパワーユニット(560ps)をさらにチューニングし、50psを上乗せ。610psの最高出力を発生する。
ベースとなるコンチネンタルGTのパワーユニット(560ps)をさらにチューニングし、50psを上乗せ。610psの最高出力を発生する。
ローレット仕上げのされたスポーティングギアレバー。
ローレット仕上げのされたスポーティングギアレバー。
標準装備の二重ガラス。これで遮音性はグッと高まり、キャビンは静粛に保たれる。
標準装備の二重ガラス。これで遮音性はグッと高まり、キャビンは静粛に保たれる。
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】NEW 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る