第97回:日本製ドライブレコーダーをイタリアで使うぞ! 大作戦

2009.06.27 エッセイ

第97回:日本製ドライブレコーダーをイタリアで使うぞ! 大作戦

筆者が購入したドライブレコーダー「パパラッチ」。右はイタリア版ETC「テレパス」の発信器。
筆者が購入したドライブレコーダー「パパラッチ」。右はイタリア版ETC「テレパス」の発信器。
ダッシュボード/Aピラーとボディの隙間に電源ケーブルを埋めることにした。
ダッシュボード/Aピラーとボディの隙間に電源ケーブルを埋めることにした。

ドライブレコーダーを買う

イタリアで運転を始めて13年。おかげさまで無事故無違反で過ごしてきた。しかし、自分がいつ事故の当事者になるかはわからない。それに事故の相手として確率が高いのは、当然のことながらネイティヴのイタリア人。声のボリューム、弁が立つことに関しては欧州内でも一級の人たちである。こちらがまったく不利なのは明らかだ。

そこでボクが考えたのがドライブレコーダーの導入である。日本でタクシーから普及が始まり、その後各種民生用が売り出された、あれだ。

1年半前のことだった。損保業界で40年近く働いているイタリア人の友人に聞いてみたら、ドライブレコーダーの存在すら知らず、思わずこちらがコケてしまった。
ただ、彼いわく「事故のとき、事故後でも現場写真を即座に撮影しておくと、その後の処理がかなり円滑になる」とのこと。したがって、イタリアでもドライブレコーダーの有効性は高いと思われた。

ただしその頃のイタリアでは、ドライブレコーダーは自動車専門誌などで国外の話題として採り上げられているだけで、実際には販売されていなかった(ようやく最近になって、日本円にして4万円くらいで通信販売されるようになった)。

そこでボクは、日本でドライブレコーダーを購入することした。
イタリアに戻って自分で装着しなければいけないので、プロの手を介する必要があるものはダメだ。
その結果辿りついたのが、ベンチャークラフトという日本の会社が作っている「パパラッチ」という商品である。通販サイト経由のメーカー直販で3万円以下という価格も、サイフの軽いボクにはありがたい。

夜もバッチリ

「パパラッチ」は両面テープでフロントガラスに固定し、シガーライターから電源をとり、カメラ角度をガラスの斜面に合わせて調節するだけ。いたって簡単である。面倒くさがりなボクには、本当に嬉しい。映像はSDカードに記録され、パソコンのウィンドウズメディアプレイヤーで再生できる。

シガーライタープラグから本体に至る電源ケーブルは、最初のうちは付属の貼り付け式留め具を使ってピラーに留めておいたが、どうも見栄えが悪い。そこでピラー/天井とボディの隙間を見つけてケーブルをできるかぎり押し込んだところ、かなりすっきりした。

肝心の撮影画像はというと、思ったよりも遥かに鮮明で驚いた。街灯のない道が多くてどうしようもないイタリアの夜もバッチリだ。ちなみに最近発売された改良型は、さらに夜間撮影性能が向上しているようだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。