【スペック】全長×全幅×全高=4425×1695×1495mm/ホイールベース=2600mm/車重=1040kg/駆動方式=FF/1.2リッター直3DOHC12バルブ(79ps/6000rpm、10.8kgm/4400rpm)/燃費=22.6km/リッター(JC08モード)/価格=169万8900円(テスト車=174万6150円/SRSカーテンエアバッグシステム=4万7250円)

日産ラティオ G(FF/CVT)【試乗記】

なんとかならんもんかねえ。 2012.11.07 試乗記 日産ラティオ G(FF/CVT)
……174万6150円

8年ぶりにフルモデルチェンジを果たした「日産ラティオ」。世界150カ国以上で販売されるコンパクトセダンの仕上がりを、上級グレードで試した。

地味に売るにはワケがある

なにはなくとも、これはあの「トヨタ・カローラ」の唯一無二のライバルである。1200台という月間販売目標も、ボディー形式が1種類であることを考えれば、希少なカルト商品というほどでもない。そんな新型「ラティオ」は、しかし、やけにヒッソリと売られている。

「ラティオは新規需要を積極的に開拓するクルマではありません」と断言する日産の担当氏は「既存のお客さまのところに営業マンが出向いてご説明する。あるいはディーラーに来ていただいたときに買い替えをご提案する。ラティオについては、そういう昔ながらの販売法がメイン」と説明してくれた。だからテレビCMは最初から打たれないし、派手なキャンペーンも企画されないのだ。

現在の日本で、この種のコンパクトセダンの需要は大きく二つしかない。
ひとつが「ウチのクルマはこういうものと心に決めた人」の代替需要であり、ラティオではそうした個人ユーザー平均年齢は65歳を超えるという。
もうひとつは営業車需要であり、中でも「小さくて小回りがきくに越したことはないが、セダンのカタチをしてないといけない」という業種。代表的なのは不動産業や医薬・医療関係だそうだ。

フロントシート。全車、表皮はブラックのトリコットのみとなる。
フロントシート。全車、表皮はブラックのトリコットのみとなる。
流麗なシルエットが自慢の「ラティオ」。「見るからに中が広そうなエクステリアを目指してデザインした」とは開発者の弁である。
流麗なシルエットが自慢の「ラティオ」。「見るからに中が広そうなエクステリアを目指してデザインした」とは開発者の弁である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラティオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る