著名人デザインの「スーパーカブ」60台以上が六本木に!

2009.06.27 自動車ニュース

著名人デザインの「スーパーカブ」60台以上が六本木に!

ビジネスバイクの代名詞「ホンダ・スーバーカブ」が生誕50周年を迎え、これを記念したチャリティーイベント「Love Cub 50 プロジェクト」が展開中。
その一環として、著名人がデザインしたアート「カブ」の展覧会「Love Cub 50 プロジェクト展」が、2009年6月26日、東京は六本木ヒルズで始まった。

これまで世界で6000万台以上が販売されたという、ホンダ・スーパーカブ。「Love Cub 50 プロジェクト」は、そんな「世界の人に愛されたカブだから、世界の人にちょっと恩返ししたい!」(リリース)という考えのもと、ユニセフの活動をサポートする目的で始められたチャリティーイベントだ。

アーティスト、タレント、ミュージシャン、大学教授からウルトラマンにいたるまで、各界の著名人(?)60名以上が、思い思いに“アートカブ”をデザイン。
展示イベントやガイドブックの出版、車両そのものの販売を行い、得られた収益金は、ユニセフへ寄付される。

そんな特別なカブが見られるのは、東京の六本木で2009年7月5日まで。7月11日からは、京都市の「みやこめっせ」に会場を移す。

詳しい内容は
「Love Cub 50 プロジェクト」:http://www.lovecub50.com/
まで。

(webCG ワタナベ)

1958年8月に誕生した初代モデル「スーパーカブC100」(左)と、2009年6月デビューの新型「スーパーカブ110」(右)。ちなみに、初代モデル(49cc)の当時の価格は5万5000円、新型(110cc)は24万9900円ナリ。
1958年8月に誕生した初代モデル「スーパーカブC100」(左)と、2009年6月デビューの新型「スーパーカブ110」(右)。ちなみに、初代モデル(49cc)の当時の価格は5万5000円、新型(110cc)は24万9900円ナリ。
 
著名人デザインの「スーパーカブ」60台以上が六本木に!の画像
こちらは、ウルトラマンがデザインしたというカブ。まさに赤とシルバーのウルトラマンカラー!
こちらは、ウルトラマンがデザインしたというカブ。まさに赤とシルバーのウルトラマンカラー!

関連キーワード:
スーパーカブホンダイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・スーパーカブ50(MR/4MT)/スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2017.11.18 試乗記 累計生産台数はついに1億台を突破! 世界に冠たる日本の名車「スーパーカブ」が、このほどフルモデルチェンジを受けた。なつかしのスタイリングを取り戻し、生産拠点も日本に戻された新型の試乗を通し、60年におよぶその歴史の片りんに触れた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
ホームへ戻る