著名人デザインの「スーパーカブ」60台以上が六本木に!

2009.06.27 自動車ニュース

著名人デザインの「スーパーカブ」60台以上が六本木に!

ビジネスバイクの代名詞「ホンダ・スーバーカブ」が生誕50周年を迎え、これを記念したチャリティーイベント「Love Cub 50 プロジェクト」が展開中。
その一環として、著名人がデザインしたアート「カブ」の展覧会「Love Cub 50 プロジェクト展」が、2009年6月26日、東京は六本木ヒルズで始まった。

これまで世界で6000万台以上が販売されたという、ホンダ・スーパーカブ。「Love Cub 50 プロジェクト」は、そんな「世界の人に愛されたカブだから、世界の人にちょっと恩返ししたい!」(リリース)という考えのもと、ユニセフの活動をサポートする目的で始められたチャリティーイベントだ。

アーティスト、タレント、ミュージシャン、大学教授からウルトラマンにいたるまで、各界の著名人(?)60名以上が、思い思いに“アートカブ”をデザイン。
展示イベントやガイドブックの出版、車両そのものの販売を行い、得られた収益金は、ユニセフへ寄付される。

そんな特別なカブが見られるのは、東京の六本木で2009年7月5日まで。7月11日からは、京都市の「みやこめっせ」に会場を移す。

詳しい内容は
「Love Cub 50 プロジェクト」:http://www.lovecub50.com/
まで。

(webCG ワタナベ)

1958年8月に誕生した初代モデル「スーパーカブC100」(左)と、2009年6月デビューの新型「スーパーカブ110」(右)。ちなみに、初代モデル(49cc)の当時の価格は5万5000円、新型(110cc)は24万9900円ナリ。
1958年8月に誕生した初代モデル「スーパーカブC100」(左)と、2009年6月デビューの新型「スーパーカブ110」(右)。ちなみに、初代モデル(49cc)の当時の価格は5万5000円、新型(110cc)は24万9900円ナリ。 拡大
 
著名人デザインの「スーパーカブ」60台以上が六本木に!の画像 拡大
こちらは、ウルトラマンがデザインしたというカブ。まさに赤とシルバーのウルトラマンカラー!
こちらは、ウルトラマンがデザインしたというカブ。まさに赤とシルバーのウルトラマンカラー! 拡大

関連キーワード:
スーパーカブホンダイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
  • BMW F850GS(MR/6MT)/F750GS(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.29 試乗記 BMWから、新型のアドベンチャーモデル「F850GS」「F750GS」がデビュー。次世代の“ミドル級BMW”の旗手となる2台は、どのようなバイクに仕上がっていたのか? 新開発のエンジンとフレーム、最新のエレクトロニクスが織り成す走りを報告する。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
  • カワサキZ900RSカフェ(MR/6MT)【レビュー】 2018.6.7 試乗記 2017年末にデビューするや、往年の名車「カワサキZ1」を思わせる姿でベテランライダーのハートをわしづかみにした「Z900RS」。今回は、一段とスポーティーなたたずまいを見せる、その“カフェレーサー仕様”に試乗した。
  • ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.28 試乗記 新世代プラットフォームを基に開発された、第3世代の「ベントレー・コンチネンタルGT」にオーストリアで試乗。ベントレーの伝統を継承しつつ革新的な進化を目指したという新型は、驚くほどシャープなモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る