第98回:ただいま「プリウス」増産中! 〜トヨタの工場覗いてみたら……?

2009.06.26 エッセイ

第98回:ただいま「プリウス」増産中! 〜トヨタの工場覗いてみたら……?

発売からわずか1カ月で、目標の20倍近い18万台(!)を受注したという、ハイブリッドカー「プリウス」。

いまごろトヨタは、スゴい勢いで作っているんだろうなぁ。
……って、いったいどこで? どんな風に?
ちょっと様子を見てみたい、“売れっ子の生まれ故郷”をたずねてきました。

現場はテンテコ舞い


第98回:ただいま「プリウス」量産中! 〜トヨタ自動車堤工場見学会から

東京から約3時間。やってきたのは、愛知県豊田市にある、トヨタ自動車「堤工場」。来年で40才。1970年から操業を続けるこちらのプラントでは、「プリウス」をはじめ、「カムリ」「プレミオ」さらに輸出用の「サイオン」など、同社の中型車が作られている。ごらんのように、奥の奥は、霞んじゃってます。とにかく広い!


第98回:ただいま「プリウス」量産中! 〜トヨタ自動車堤工場見学会から

門の傍らに掲げられるのは、看板商品「プリウス」の大看板。ほかにもう1カ所、トヨタ車体の富士松工場でもプリウスは作られている。
ふたつの工場をあわせて、月の目標生産台数は約5万台。そのうち3万台強を堤工場が担う。
国内に流通するのは約2万5000台なんだとか。当初予定されていた月間目標販売台数の2.5倍におよぶ“フル稼働状態”ではあるけれど、なにせバックオーダーは18万台。単純に計算しても、納車まで7カ月待ち(!)となる。ひー。


第98回:ただいま「プリウス」量産中! 〜トヨタ自動車堤工場見学会から

工場見学のスタート地点になるビジターセンターの屋根は、ぴかぴかのソーラーパネルとフカフカの芝生で覆われていた。奥に見える製造棟の上にもソーラーパネル。堤工場全体では、1時間あたり2100kw以上の太陽光発電を行うという。

……それって、どれくらいの規模なんでしょうか?

「一般家庭だと、約500世帯ぶんの消費電力に相当しますね」 ふー!


第98回:ただいま「プリウス」量産中! 〜トヨタ自動車堤工場見学会から

「撮影禁止!」な場所をスリ抜け、ここはいきなり組み立てライン。TVコマーシャルでもおなじみのスーパーマン(の垂れ幕)が見学者を迎える。
CM同様、「スクープ!」なプリウス情報がお伝えできるといいのですが……?


第98回:ただいま「プリウス」量産中! 〜トヨタ自動車堤工場見学会から

組み立てラインは、床そのものがベルトコンベヤーになっている。その上に立つ作業スタッフは、天井から吊り下げられる車体と同じ速度で動きながら、次々とパーツ類を組み付ける。世界中から届くそれらパーツの数は、主要部品で800点、ボルトやナット類が1250点におよぶという。いやはや。


第98回:ただいま「プリウス」量産中! 〜トヨタ自動車堤工場見学会から

次々とラインを流れる、プリウス。プリウス、プリウス、プリウス、プ?……プレミオ!?

アリオン(写真)の姿も。ラインは基本的に、さまざまなモデルの「混流」だ。そのうちハイブリッド車だけが、インバーターや高圧ケーブルといった独自のパーツを備える。だから、ライン全体の作業効率を落とすことなくそれら“変り種”をインストールできるかが、生産技術のウデの見せドコロ! というところ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ