第97回:英国でミニまみれ!? 〜「MINIユナイテッド2009」の会場から

2009.06.26 エッセイ

第97回:英国でミニまみれ!? 〜「MINIユナイテッド2009」の会場から

2009年5月22日から3日間、イギリスのシルバーストーンサーキットで、「ミニ」の大規模なオーナー向けイベントが開催された。
同国を代表する名車の、しかも生誕50年の節目に開催されたイベントの会場には、どんな光景が広がっていたのか!?

ミニ、Mini、MINI!

2009年5月下旬。そこは、涼やかな風が吹き抜ける初夏の英国。シルバーストーン・サーキットを訪れた私たちを、この地域特有の白い雲が溶け込んだ柔らかな空色が歓迎してくれた――
え? ここまでやってきた目的? 英国生まれのコンパクトカー「ミニ」のスペシャルイベントに参加しようというわけで。

その「MINIユナイテッド」は、2年に1度、国境を越えて行われている大規模なカスタマー・イベントだ。今回は3回目にあたるのだか、今年はクラシック・ミニの誕生から50周年というアニバーサリー・イヤーが重なったから、さあ大変!
会場には40カ国以上から2万5000人を超える熱烈なミニファンが集まった。“ミニで自走”組も当然いて、その数は1万台以上。遠くはギリシャやロシアから長旅の末に辿り着いた人もいるという。
広大なシルバーストーンは、あたり一面ミニだらけ。予想を超えた規模だった。小さなミニ(?)でも、それなりに集まると壮観なのだ。

会場のそこかしこでは、ミニを使ったさまざまなイベントが開催されていた。メイン会場では、力自慢(なかには妙齢の女性も!)がミニ・コンバーチブルを引っ張ってゴールに向かう「ミニ引っ張り競争」なんてのがあったり、子供用の“ミニのミニカー”でアツいバトルが行れていたり。傍らのミニ50周年限定グッズを扱うショップだって、わんさか人が群がってアツ〜い争奪戦状態だ。

ロンドンから約1時間ほどクルマを走らせたところにある、英国の老舗サーキット「シルバーストーン」。F1をはじめ、多くの国際レースが開催されている。
ロンドンから約1時間ほどクルマを走らせたところにある、英国の老舗サーキット「シルバーストーン」。F1をはじめ、多くの国際レースが開催されている。
新旧取り混ぜてシルバーストーンの駐車場に並ぶ、ミニ、Mini、MINI。ドーバー海峡を越えて、1万台以上が集まったというから驚きだ。
新旧取り混ぜてシルバーストーンの駐車場に並ぶ、ミニ、Mini、MINI。ドーバー海峡を越えて、1万台以上が集まったというから驚きだ。
前夜のプレス向けカンファレンスには、ミニスカートの生みの親であるマリー・クワントさんの姿も。「ミニスカートという名前はね、実は当時私の愛車だった『ミニ』から付けたの」という衝撃の(?)エピソードが語られた。背後にあるのは、50周年を記念して発売される「MINIカムデン」。ロンドンの流行発信地であるカムデン地区から命名された。
前夜のプレス向けカンファレンスには、ミニスカートの生みの親であるマリー・クワントさんの姿も。「ミニスカートという名前はね、実は当時私の愛車だった『ミニ』から付けたの」という衝撃の(?)エピソードが語られた。背後にあるのは、50周年を記念して発売される「MINIカムデン」。ロンドンの流行発信地であるカムデン地区から命名された。
同じく50周年記念モデル「メイフェア」。こちらは、ロンドンの高級地区「メイフェア」から命名。
同じく50周年記念モデル「メイフェア」。こちらは、ロンドンの高級地区「メイフェア」から命名。
本来は子供用に用意されていたようだが……「誰でも乗れるミニ」という条件にひかれたか、殺到したのは大の大人たち。自らの足で蹴って進む、ミニ・ミニ・レースも行なわれていた。
本来は子供用に用意されていたようだが……「誰でも乗れるミニ」という条件にひかれたか、殺到したのは大の大人たち。自らの足で蹴って進む、ミニ・ミニ・レースも行なわれていた。
MINIコンバーチブルを引っ張る競争。男性のみならず、女性の参加者もあり、異様な盛り上がりを見せていた。
MINIコンバーチブルを引っ張る競争。男性のみならず、女性の参加者もあり、異様な盛り上がりを見せていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ