【スペック】全長×全幅×全高=4995×1810×1475mm/ホイールベース=2925mm/車重=1780kg/駆動方式=FR/4.6リッターV8DOHC32バルブ(347ps/6400rpm、46.9kgm/4100rpm)/価格=685万円(テスト車=726万4750円)

トヨタ・クラウンマジェスタAタイプ “Lパッケージ”(FR/8AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・クラウンマジェスタAタイプ “Lパッケージ”(FR/8AT) 2009.06.26 試乗記 ……726万4750円
総合評価……★★★★
5代目に進化して高級車としてさらに成長をとげた「クラウンマジェスタ」。パワートレイン、室内空間、走りにはまったく不満はないが、ひとつ気になるところといえば……。

トヨタ・マジェスタAタイプ “Lパッケージ”(FR/8AT)【ブリーフテスト】

高級車ならシートにもこだわりを

トヨタは「クラウン」を作らせると本当にうまい。新型「マジェスタ」に乗ってそれを再確認した。100km/h以下での快適性や静粛性にターゲットを絞った設計思想にブレはなく、コンセプトの合焦度はトヨタ車でダントツといえる。その世界観は欧州のプレミアムブランドの対極といえるけれど、ここまで明確な個性を突きつけられると、海外のライバルと比較して優劣をつけようという気にすらならない。天晴れである。

しかも新型は、高級車としての資質が成長してもいる。従来はロイヤルサルーンなどと共通だったホイールベースを75mm延長したおかげで、後席まわりが広くなったのはもちろん、プロポーションは伸びやかになり、乗り心地には落ち着きがプラスされている。もともとソフトなクルマが好きな自分にとって、このクラスではかなりお気に入りの1台になりかけた。

でも完全なお気に入りにならなかったのは、シートがイマイチだからである。事実上国内専用車(今後は中国でも売るようだが)とはいえ、1時間で腰に疲労を覚えるというのは、それ以外のデキがいいだけに残念。日本の風土習慣に根ざした高級車という立ち位置はわかるけれど、畳文化の悪い部分が出てしまったような気がする。せめてイスだけは西洋を見習って開発してほしかった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クラウン マジェスタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プリウスTRD Ver.1(FF/CVT)【試乗記】 2016.7.27 試乗記 空力パーツや専用チューニングのサスペンション、ボディーの補強パーツなど、いたるところにTRDの用品が装着された「トヨタ・プリウス」のデモカーに試乗。個々のチューニングの効果と、それらが織り成すクルマ全体のドライブフィールをリポートする。
  • トヨタ・プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.27 試乗記 発売以来、好調な販売が伝えられる新型「トヨタ・プリウス」。トヨタ最新の開発コンセプト「TNGA」にのっとって作られた4代目の実力やいかに? 最上級グレード「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」の試乗を通し、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)/プリウスAプレミアム(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.27 試乗記 個性的なデザインをまとって登場した、新型「トヨタ・プリウス」。では、実際に乗ってみたら? 新開発シャシーをベースに磨きぬいたという走りの質や、快適性について報告する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る