「マツダ・ビアンテ」、アイドリングストップで燃費向上

2009.06.26 自動車ニュース

「マツダ・ビアンテ」、アイドリングストップで燃費向上

マツダは、ミニバン「ビアンテ」の仕様を変更し、2009年6月25日に発売した。

今回、全グレードを対象に「トリップコンピューター(燃費計)」と「エコランプ」、「ラゲッジフック」、「チケットバンド付き運転席側サンバイザー」を追加。さらに「20S」のFFモデルと「23S」(FFのみラインナップ)には、コーナリング中の車体を安定させるDSC(ダイナミック・スタビリティー・コントロールシステム)が標準装備された。

一番のニュースは、さきごろデビューした新型「アクセラ」で話題になったアイドリングストップ機構「i-stop」が売れ筋グレード「20S」のFFモデルに搭載されたこと。これにより、同モデルの燃費は約7%改善されたという。

価格は、213万1500円から278万8000円まで。

(webCG 関)

「マツダ・ビアンテ20S」
「マツダ・ビアンテ20S」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビアンテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • 【デトロイトショー2017】ホンダ、新型「オデッセイ」を世界初公開
    2016.12.20 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年12月20日、米国デトロイトで開催される2017年北米国際自動車ショー(開催期間:2017年1月8日~22日)において、新型「オデッセイ」を世界初公開すると発表した。
  • ダイハツ・トールG“SA II”/トヨタ・ルーミー カスタムG-T【試乗記】 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。
ホームへ戻る