第96回:スポーツカーを、カッコよく運転したい!! 〜ポルシェに乗って、ドラテクの基礎を学ぶ!

2009.06.25 エッセイ

第96回:スポーツカーを、カッコよく運転したい!! 〜ポルシェに乗って、ドラテクの基礎を学ぶ!

2009年5月27日、富士スピードウェイでポルシェ・ジャパン主催の「スポーツドライビングスクール」が開催された。
スポーツカーの代名詞ともいえる“ポルシェ”が行うドライビングスクールとはいったいどんなものなのか、『webCG』ワタナベが参加してきました。

911から、ケイマン、ボクスター、カイエン、GT2、GT3にいたるまで、あらゆるポルシェ車が勢ぞろい。
911から、ケイマン、ボクスター、カイエン、GT2、GT3にいたるまで、あらゆるポルシェ車が勢ぞろい。
受付では車両ステッカーとトランシーバーが渡された。この日午後の参加は32名。4つのグループに分かれてプログラムを体験する。
受付では車両ステッカーとトランシーバーが渡された。この日午後の参加は32名。4つのグループに分かれてプログラムを体験する。
インストラクターは、右から清水和夫さん、佐藤久美さん、織戸学さん、脇阪薫一さん。
インストラクターは、右から清水和夫さん、佐藤久美さん、織戸学さん、脇阪薫一さん。

オーナー気分で

とある日、ポルシェ・ジャパンから「ポルシェのドライビングスクールがあるんですけど参加しませんか? 」とのお誘いをうけた。「なぜわたしに?」 と聞いてみると、女性ドライバーにアピールしたいからとのこと。
そういえば最近、ポルシェをカッコよく乗りこなしている女性ドライバーをよく見かける。スポーツカーの代名詞、ポルシェのドライビングレッスンを受ければ、あんな風に走れるのでしょうか?

ポルシェといえば、つい最近「911タルガ」で都内を走る機会があって、あまりの乗りやすさに驚いたことがあった。詳しい理由はわからないけれど、とにかく運転しやすい。苦手な左ハンドル車だったのに、それも気にならない。「運転うまくなった!?」 なんて錯覚してしまうほどに……。「いまごろ何を言うてんの! 」と突っ込まれそうだけど、乗ってみてホント実感。ポルシェファンの多い理由もわかるなぁと。

そんなこんなでポルシェのドライビングスクールに参加することになった私。ひとときの友(?)「ボクスター」と共に静岡県にある富士スピードウェイへ向かったのです。
会場には、いろんなポルシェがズラ〜っと60台以上! おっと、なんかすごい。そう、このドライビングスクールは、ポルシェオーナーが愛車を持ち込んで体験するもの。ポルシェ初心者の私が、一緒に参加して大丈夫なのかとすこしビビッてしまった。
早速受付を済ませ、本日のプログラムの説明と、クルマの基礎講座を受ける。

このドライビングスクールは、一般公道では体験できないポルシェ車の性能を体感し、ハイスピードドライビングのテクニックを習得できる。オーナーにとっては自分のクルマの性能を確認する場でもあるのだ。

この日のプログラムは、ドライビングの基本を学ぶ「Warm UP」プログラムという一番ベーシックなコース。「走る、曲がる、止まる」の基本となる、ブレーキング、ハンドル操作、アクセルコントロールなどを習得することが目的で、内容は、「スラローム」「急制動・回避」「定常円旋回」の3コースからなる。

清水和夫さんによるクルマの基礎講座を熱心に聞き入る。
第96回:スポーツカーに乗るなら、テクニックもスポーティに 〜ポルシェでドライビングテクニックの基礎を学ぶ!

インストラクターは、清水和夫さん、佐藤久美さん、織戸学さん、脇阪薫一さんといった、そうそうたるメンバー。清水和夫さんによるクルマの基礎講座では、タイヤで走る、曲がる、止まる力が発生すると、車には3つの力「ロール」「ピッチング」「ヨーイング」が働くこと、エンジン位置と駆動方式によって、クルマの形、挙動が異なることなどをお勉強。
「運転するときは、クルマというボディスーツを着て、タイヤという靴を履き、クルマを操っているという感覚で運転すると、タイヤと路面のグリップを感じやすい。今日もそれを感じるように意識してみてください」と、レッスンに向けてのアドバイスをいただいた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ