第96回:スポーツカーを、カッコよく運転したい!! 〜ポルシェに乗って、ドラテクの基礎を学ぶ!

2009.06.25 エディターから一言

第96回:スポーツカーを、カッコよく運転したい!! 〜ポルシェに乗って、ドラテクの基礎を学ぶ!

 

2009年5月27日、富士スピードウェイでポルシェ・ジャパン主催の「スポーツドライビングスクール」が開催された。
スポーツカーの代名詞ともいえる“ポルシェ”が行うドライビングスクールとはいったいどんなものなのか、『webCG』ワタナベが参加してきました。

911から、ケイマン、ボクスター、カイエン、GT2、GT3にいたるまで、あらゆるポルシェ車が勢ぞろい。
911から、ケイマン、ボクスター、カイエン、GT2、GT3にいたるまで、あらゆるポルシェ車が勢ぞろい。
受付では車両ステッカーとトランシーバーが渡された。この日午後の参加は32名。4つのグループに分かれてプログラムを体験する。
受付では車両ステッカーとトランシーバーが渡された。この日午後の参加は32名。4つのグループに分かれてプログラムを体験する。
インストラクターは、右から清水和夫さん、佐藤久美さん、織戸学さん、脇阪薫一さん。
インストラクターは、右から清水和夫さん、佐藤久美さん、織戸学さん、脇阪薫一さん。

オーナー気分で

とある日、ポルシェ・ジャパンから「ポルシェのドライビングスクールがあるんですけど参加しませんか? 」とのお誘いをうけた。「なぜわたしに?」 と聞いてみると、女性ドライバーにアピールしたいからとのこと。
そういえば最近、ポルシェをカッコよく乗りこなしている女性ドライバーをよく見かける。スポーツカーの代名詞、ポルシェのドライビングレッスンを受ければ、あんな風に走れるのでしょうか?

ポルシェといえば、つい最近「911タルガ」で都内を走る機会があって、あまりの乗りやすさに驚いたことがあった。詳しい理由はわからないけれど、とにかく運転しやすい。苦手な左ハンドル車だったのに、それも気にならない。「運転うまくなった!?」 なんて錯覚してしまうほどに……。「いまごろ何を言うてんの! 」と突っ込まれそうだけど、乗ってみてホント実感。ポルシェファンの多い理由もわかるなぁと。

そんなこんなでポルシェのドライビングスクールに参加することになった私。ひとときの友(?)「ボクスター」と共に静岡県にある富士スピードウェイへ向かったのです。
会場には、いろんなポルシェがズラ〜っと60台以上! おっと、なんかすごい。そう、このドライビングスクールは、ポルシェオーナーが愛車を持ち込んで体験するもの。ポルシェ初心者の私が、一緒に参加して大丈夫なのかとすこしビビッてしまった。
早速受付を済ませ、本日のプログラムの説明と、クルマの基礎講座を受ける。

このドライビングスクールは、一般公道では体験できないポルシェ車の性能を体感し、ハイスピードドライビングのテクニックを習得できる。オーナーにとっては自分のクルマの性能を確認する場でもあるのだ。

この日のプログラムは、ドライビングの基本を学ぶ「Warm UP」プログラムという一番ベーシックなコース。「走る、曲がる、止まる」の基本となる、ブレーキング、ハンドル操作、アクセルコントロールなどを習得することが目的で、内容は、「スラローム」「急制動・回避」「定常円旋回」の3コースからなる。

清水和夫さんによるクルマの基礎講座を熱心に聞き入る。
第96回:スポーツカーに乗るなら、テクニックもスポーティに 〜ポルシェでドライビングテクニックの基礎を学ぶ!

インストラクターは、清水和夫さん、佐藤久美さん、織戸学さん、脇阪薫一さんといった、そうそうたるメンバー。清水和夫さんによるクルマの基礎講座では、タイヤで走る、曲がる、止まる力が発生すると、車には3つの力「ロール」「ピッチング」「ヨーイング」が働くこと、エンジン位置と駆動方式によって、クルマの形、挙動が異なることなどをお勉強。
「運転するときは、クルマというボディスーツを着て、タイヤという靴を履き、クルマを操っているという感覚で運転すると、タイヤと路面のグリップを感じやすい。今日もそれを感じるように意識してみてください」と、レッスンに向けてのアドバイスをいただいた。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・ボクスター スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.12 試乗記 ポルシェのミドシップオープンモデル「ボクスター」に、高出力エンジンの採用と軽量化によってパフォーマンスを向上させた「ボクスター スパイダー」が登場。“自然吸気ボクスター”のフィナーレを飾る高性能モデルの実力に触れた。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ポルシェ・ボクスターGTS(MR/7AT)【試乗記】 2015.1.19 試乗記 シリーズ随一のハイパフォーマンスを誇る、オープンスポーツカー「ボクスターGTS」。実際の走りは、どうだった? 燃費もあわせて報告する。
ホームへ戻る