【スペック】全長×全幅×全高=4590×1695×1590mm/ホイールベース=2750mm/車重=1350kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(144ps/6400rpm、17.9kgm/4400rpm)/価格=184万円(テスト車=232万900円)

トヨタ・ウィッシュ1.8X(FF/CVT)【試乗記】

結果がすべて 2009.06.25 試乗記 トヨタ・ウィッシュ1.8X(FF/5AT)
……232万900円

多人数乗用車のセグメントリーダーとして、確固たる地位を築き上げた「トヨタ・ウィッシュ」。2009年4月にデビューした2代目の実力は? ベーシックグレード「1.8X」を試した。

変わらない理由

ウィッシュのフルモデルチェンジは6年ぶりだそうである。最近は日本車のモデルライフが伸びたとはいっても、平均は5年くらいだから、初代ウィッシュはかなりの長命モデルだった。で、そんな6年という歳月を経て登場した新型ウィッシュだが、正直なところ、ブランニューならではの新鮮味はあまりない。

もちろん内外装のデザインはすべて新しい。しかし、5ナンバーが基本のローハイトミニバンという基本形はもちろん、1590mm(FF)という全高も、2750mmのホイールベースも、最近では少数派となったスイング式のリアドアも、そして基本的なエンジン排気量も、すべて先代と変わりない。さらに、クルマの土台となるいわゆるプラットフォームもまた、6年前に発売された初代の改良版である。

シート設計でもセカンドとサードは初代からの流用で、ミニバン開発の必須項目であるシートアレンジも、初代と寸分のちがいもない。パッケージ関連における新しさといえば、Aピラーの前出しと薄型シートバックの新設計フロントシートくらい。これで後席レッグルームが30mm拡大して、心理的開放感もわずかに進化したともいえるが、レッグ以外の“なんとかルーム”という空間数値はまったく拡大していない。

じつは先日、新型ウィッシュの開発エンジニアの皆さんにインタビューする機会があったのだが、ユーザーや販売現場から出てきた初代の不満点は「ホイールサイズが小さめで見た目が貧弱」という程度のものだったという。室内空間も、スタイルも、走行性能も、シートアレンジも、ドア形式も、質感も、価格も、すべて不満なし……どころか積極的に好評。販売台数もモデル末期まで安定して上位キープ。初代が長寿となったのも特別な理由があるわけではなく、「無理してモデルチェンジする必要がなかったから……」という結果論っぽい。

1.8リッターと2リッターの両方に「バルブマチック」が採用された。バルブマチックは、走行状況に応じて、スロットルの開度と吸気バルブのリフト量を協調させつつ、流入する空気量を連続的にコントロールする技術。これにより燃焼効率が高まり、燃費向上に貢献する。1.8Xの10・15モード燃費は、16.0km/リッター。
1.8リッターと2リッターの両方に「バルブマチック」が採用された。バルブマチックは、走行状況に応じて、スロットルの開度と吸気バルブのリフト量を協調させつつ、流入する空気量を連続的にコントロールする技術。これにより燃焼効率が高まり、燃費向上に貢献する。1.8Xの10・15モード燃費は、16.0km/リッター。
ウィッシュは、5ナンバーボディの「1.8X、2.0G」、エアロバンパー装着で全幅が1720mmとなる「1.8S」、ワイドトレッド化により全幅が1745mmとなる「2.0Z」という具合に、車幅違いのバリエーションが3タイプある。
ウィッシュは、5ナンバーボディの「1.8X、2.0G」、エアロバンパー装着で全幅が1720mmとなる「1.8S」、ワイドトレッド化により全幅が1745mmとなる「2.0Z」という具合に、車幅違いのバリエーションが3タイプある。
関連記事 ホームへ戻る