「MINI John Cooper Works」に2モデルが仲間入り

2009.06.23 自動車ニュース

「MINI John Cooper Works」に2モデルが仲間入り

MINIのカスタマイズドカーシリーズ「John Cooper Works」のラインナップに、「クラブマン」と「コンバーチブル」をベースとするコンプリートモデルが追加された。

MINI用のアクセサリーパーツやコンプリートカーを展開している純正カスタマイズブランド「John Cooper Works(ジョンクーパーワークス)」から、「クラブマン」と「コンバーチブル」をベースとしたコンプリートカーが登場した。

これらのモデルに搭載されるエンジンは、既存の「MINI John Cooper Works」(ハッチバック仕様)と同じ、1.6リッターツインスクロールターボユニット。MINIのラインナップでもっとも高い出力を誇るこのエンジンは、最高出力211hp/6000rpm、最大トルク26.5kgm/1850-5600rpmを発生。ベースとなったクーパーSを、最高出力で約20%、最大トルクでは約8%上回る。

コンプリートカーには、高出力エンジンのほか、専用デザインの軽量アロイホイール、高性能ブレーキシステム、新開発のエグゾーストシステム、改良型6段MTが搭載される。

両モデルは、MINIディーラーで2009年6月23日に予約受付が開始され、7月中旬以降にデリバリーが開始される。

価格は、John Cooper Worksクラブマンが389.0万円、John Cooper Worksコンバーチブルは414.0万円。

(webCG 曽宮)

 
「MINI John Cooper Works」に2モデルが仲間入りの画像
John Cooper Worksコンバーチブル
John Cooper Worksコンバーチブル
John Cooper Worksクラブマン
John Cooper Worksクラブマン

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【レビュー】 2016.1.15 試乗記 2007年に登場したMINIのステーションワゴン「クラブマン」が2代目にフルモデルチェンジ。パワフルな2リッターターボを搭載した上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、大幅なサイズアップの裏側に垣間見えるBMWの戦略を探った。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • フォルクスワーゲンが「ゴルフトゥーラン」の安全装備を強化 2017.1.6 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、コンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」の安全装備を強化。3モデルに対して、「トラフィックアシスト」を標準装備またはオプション装備とし、2017年1月6日に発売した。
  • MINIクーパー クラブマン(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.26 試乗記 シリーズでもっとも大きなボディーを持つにいたった新型「MINIクラブマン」。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に匹敵する立派なボディーがもたらす走りとは? 1.5リッター直3エンジンを搭載する「クーパー」に試乗した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
ホームへ戻る