「MINI John Cooper Works」に2モデルが仲間入り

2009.06.23 自動車ニュース

「MINI John Cooper Works」に2モデルが仲間入り

MINIのカスタマイズドカーシリーズ「John Cooper Works」のラインナップに、「クラブマン」と「コンバーチブル」をベースとするコンプリートモデルが追加された。

MINI用のアクセサリーパーツやコンプリートカーを展開している純正カスタマイズブランド「John Cooper Works(ジョンクーパーワークス)」から、「クラブマン」と「コンバーチブル」をベースとしたコンプリートカーが登場した。

これらのモデルに搭載されるエンジンは、既存の「MINI John Cooper Works」(ハッチバック仕様)と同じ、1.6リッターツインスクロールターボユニット。MINIのラインナップでもっとも高い出力を誇るこのエンジンは、最高出力211hp/6000rpm、最大トルク26.5kgm/1850-5600rpmを発生。ベースとなったクーパーSを、最高出力で約20%、最大トルクでは約8%上回る。

コンプリートカーには、高出力エンジンのほか、専用デザインの軽量アロイホイール、高性能ブレーキシステム、新開発のエグゾーストシステム、改良型6段MTが搭載される。

両モデルは、MINIディーラーで2009年6月23日に予約受付が開始され、7月中旬以降にデリバリーが開始される。

価格は、John Cooper Worksクラブマンが389.0万円、John Cooper Worksコンバーチブルは414.0万円。

(webCG 曽宮)

 
「MINI John Cooper Works」に2モデルが仲間入りの画像
John Cooper Worksコンバーチブル
John Cooper Worksコンバーチブル
John Cooper Worksクラブマン
John Cooper Worksクラブマン

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
ホームへ戻る