【スペック】全長×全幅×全高=4210×1790×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1290kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=275万円(テスト車=308万6000円/RNS510+ETC+Media-in+マルチファンクションステアリング+リアビューカメラ=33万6000円)

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン(FF/7AT)【試乗記】

大きな石 2009.06.23 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン(FF/7AT)
……308万6000円

ゴルフといえば、マジメな優等生という評価が通り相場。でも、新型「ゴルフTSIコンフォートライン」に乗っていると、このクルマは相当のワル、不良ではないかと思えてきた。

おぬし、ワルよのう

6代目となる新型「ゴルフ」の安いほう、車両本体価格275万円の「ゴルフTSIコンフォートライン」にカーナビとETC、リアビューカメラのオプションを付けると308万6000円。個人的にはこれ以上のオプションは必要ないから、300万円ちょいで家族4人が乗れるファーストカーが手に入る。

するとどうでしょう。この300万円ちょいのベーシック仕様と、400万円、500万円クラスのクルマとの違いはどこにあるのか? ホントに100万円、200万円の価格差ほどの違いがあるのかと、疑いの目を向けたくなる。新型ゴルフは、「大きい方がエラい」「高いほうが高級」という世の中の秩序を乱す。そういう意味で、新型ゴルフは風紀委員が眉をひそめる不良ではないかと思うわけです。

ゴルフに乗り込んでドアを閉めると、「バスン!」といい音が響く。機能重視のインテリアの基本的な意匠は先代と変わらないけれど、黒い樹脂部分の素材の手触りが滑らかになり、エアコン吹き出し口の周囲がクロームでお化粧され、平板だったメーターまわりが立体的な造形になった。質感が高まった、というのはまわりくどい言い方で、ありていに書けば先代より高く見える。
ホイールベースと前後トレッドは先代と同じだから、室内の広さは変わらないけれど、印象としてはかなりリッチになった。実用車の範疇を超えている、と言っても過言ではない。

たっぷりとしたサイズといい、ふんわりしっかりサポートする形状といい、ほどよい背もたれと座面の硬さといい、好ましいシートに収まってエンジンを始動。アイドリング状態での静かさと振動の少なさも、先代からかなり進歩している点だ。そして7速DSGをDレンジに入れて走り出すと、「おぬし、ワルよのう」の思いはさらに強くなる。


フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン(FF/7AT)【試乗記】の画像
先代でも8つのエアバッグを備えることで高い衝突安全性能を誇っていたが、新型ではニーエアバッグが追加され、9エアバッグで万全を期す。
先代でも8つのエアバッグを備えることで高い衝突安全性能を誇っていたが、新型ではニーエアバッグが追加され、9エアバッグで万全を期す。
フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、新型ゴルフ導入のタイミングに合わせて新しいメインテナンスプログラム「フォルクスワーゲン プロフェッショナルケア」を導入した。これは、新車登録日から初回車検満了日までの3年間の点検整備作業を工賃無償で受けることができるプログラム。
フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、新型ゴルフ導入のタイミングに合わせて新しいメインテナンスプログラム「フォルクスワーゲン プロフェッショナルケア」を導入した。これは、新車登録日から初回車検満了日までの3年間の点検整備作業を工賃無償で受けることができるプログラム。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る