日産直系の特別なZ、「Version NISMO」登場

2009.06.22 自動車ニュース

日産直系の特別なZ、「Version NISMO」登場

日産自動車の関連会社オーテックジャパンは、フェアレディZのコンプリートカスタムカー「Version NISMO」を、2009年6月22日に発売した。

■エアロから機能系パーツまで

「フェアレディZ Version NISMO」は、日産直系のカスタムメーカーオーテックジャパンが、フェアレディZに日産のモータースポーツにおけるファクトリーチーム“NISMO”の名を冠したさまざまなオリジナルパーツを投入し、仕上げたコンプリートモデルだ。

外装には、専用のフロントバンパーやサイドシルプロテクター、リアバンパー、リアスポイラーなどのエアロパーツを装備。同エアロは、効果的なダウンフォースの獲得や空気抵抗の低減といった機能的メリットを実現するという。

動力性能面では、排気効率を向上させる等長フルデュアルエキゾーストシステムや、専用コンピューターの採用により、最高出力をノーマル比19ps増の355psまで引き上げた。

サスペンションのチューニングやパワーステアリングの特性変更、ボディ補強を行ったほか、ヤマハ製の車両用制振ダンパー「パフォーマンスダンパー」の採用もアピールポイントのひとつ。

ホイールは、レイズ製の鍛造アルミホイール。タイヤは、BSポテンザ RE050A(フロント:245/40R19、リア:275/35R19)を採用した。

内装は、本革とスエード調ファブリックを組み合わせた専用シートや、本革巻きステアリング、本革巻きシフトノブ、レッドステッチを採り入れ、ベース車とはひと味違うスペシャルな雰囲気を演出した。

価格は、6MTが493万5000円、7ATは504万円。

(webCG 曽宮)

フェアレディZ Version NISMO
フェアレディZ Version NISMO 拡大

日産直系の特別なZ、「Version NISMO」登場の画像 拡大

日産直系の特別なZ、「Version NISMO」登場の画像 拡大

日産直系の特別なZ、「Version NISMO」登場の画像 拡大

関連キーワード:
フェアレディZ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • 日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2009.8.20 試乗記 日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)
    ……527万8350円

    新型「フェアレディZ」に、ド派手なエアロで武装したスペシャルバージョンが登場。日産のモータースポーツ部門「NISMO」の名を冠するニューモデルの走りや、いかに?
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
ホームへ戻る