日産直系の特別なZ、「Version NISMO」登場

2009.06.22 自動車ニュース

日産直系の特別なZ、「Version NISMO」登場

日産自動車の関連会社オーテックジャパンは、フェアレディZのコンプリートカスタムカー「Version NISMO」を、2009年6月22日に発売した。

■エアロから機能系パーツまで

「フェアレディZ Version NISMO」は、日産直系のカスタムメーカーオーテックジャパンが、フェアレディZに日産のモータースポーツにおけるファクトリーチーム“NISMO”の名を冠したさまざまなオリジナルパーツを投入し、仕上げたコンプリートモデルだ。

外装には、専用のフロントバンパーやサイドシルプロテクター、リアバンパー、リアスポイラーなどのエアロパーツを装備。同エアロは、効果的なダウンフォースの獲得や空気抵抗の低減といった機能的メリットを実現するという。

動力性能面では、排気効率を向上させる等長フルデュアルエキゾーストシステムや、専用コンピューターの採用により、最高出力をノーマル比19ps増の355psまで引き上げた。

サスペンションのチューニングやパワーステアリングの特性変更、ボディ補強を行ったほか、ヤマハ製の車両用制振ダンパー「パフォーマンスダンパー」の採用もアピールポイントのひとつ。

ホイールは、レイズ製の鍛造アルミホイール。タイヤは、BSポテンザ RE050A(フロント:245/40R19、リア:275/35R19)を採用した。

内装は、本革とスエード調ファブリックを組み合わせた専用シートや、本革巻きステアリング、本革巻きシフトノブ、レッドステッチを採り入れ、ベース車とはひと味違うスペシャルな雰囲気を演出した。

価格は、6MTが493万5000円、7ATは504万円。

(webCG 曽宮)

フェアレディZ Version NISMO
フェアレディZのコンプリート「Version NISMO」登場

フェアレディZのコンプリート「Version NISMO」登場

フェアレディZのコンプリート「Version NISMO」登場

フェアレディZのコンプリート「Version NISMO」登場

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
ホームへ戻る