日産直系の特別なZ、「Version NISMO」登場

2009.06.22 自動車ニュース

日産直系の特別なZ、「Version NISMO」登場

日産自動車の関連会社オーテックジャパンは、フェアレディZのコンプリートカスタムカー「Version NISMO」を、2009年6月22日に発売した。

■エアロから機能系パーツまで

「フェアレディZ Version NISMO」は、日産直系のカスタムメーカーオーテックジャパンが、フェアレディZに日産のモータースポーツにおけるファクトリーチーム“NISMO”の名を冠したさまざまなオリジナルパーツを投入し、仕上げたコンプリートモデルだ。

外装には、専用のフロントバンパーやサイドシルプロテクター、リアバンパー、リアスポイラーなどのエアロパーツを装備。同エアロは、効果的なダウンフォースの獲得や空気抵抗の低減といった機能的メリットを実現するという。

動力性能面では、排気効率を向上させる等長フルデュアルエキゾーストシステムや、専用コンピューターの採用により、最高出力をノーマル比19ps増の355psまで引き上げた。

サスペンションのチューニングやパワーステアリングの特性変更、ボディ補強を行ったほか、ヤマハ製の車両用制振ダンパー「パフォーマンスダンパー」の採用もアピールポイントのひとつ。

ホイールは、レイズ製の鍛造アルミホイール。タイヤは、BSポテンザ RE050A(フロント:245/40R19、リア:275/35R19)を採用した。

内装は、本革とスエード調ファブリックを組み合わせた専用シートや、本革巻きステアリング、本革巻きシフトノブ、レッドステッチを採り入れ、ベース車とはひと味違うスペシャルな雰囲気を演出した。

価格は、6MTが493万5000円、7ATは504万円。

(webCG 曽宮)

フェアレディZ Version NISMO
フェアレディZ Version NISMO

日産直系の特別なZ、「Version NISMO」登場の画像

日産直系の特別なZ、「Version NISMO」登場の画像

日産直系の特別なZ、「Version NISMO」登場の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)【試乗記】 2009.5.28 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)
    ……481万6350円

    2008年に登場した新型「フェアレディZ」。特徴のひとつは、MT車にシンクロレブコントロールがついたこと。これにより、操縦はさらに楽しめるものになったのか? そしてその走りは?
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
ホームへ戻る