【スペック】全長×全幅×全高=4650×1895×1370mm/ホイールベース=2780mm/車重=1740kg/駆動方式=4WD/3.8リッターV6DOHC24バルブターボインタークーラー付き(485ps/6400rpm、60.0kgm/3200-5200rpm)/価格=882.0万円(テスト車=908万2500円/サッチャム準拠車両防盗システム=26万2500円)

日産GT-Rブラックエディション(4WD/6AT)【試乗記】

進化は止まらない 2009.06.22 試乗記 日産GT-Rブラックエディション(4WD/6AT)
……908万2500円


2008年末のランニングチェンジでエンジンやサスペンションが改良を受けた「GT-R」。初期モデルと乗り味はどう変わったのか? 09モデルを公道で試した。

入念なチューニングの成果

2007年の末に新しいGT-Rを発表した時、開発責任者の水野和敏さんは、例によって大演説をぶった。その中で特に印象に残ってるのは、「これでGT-Rが完成というわけじゃありません。これからも休まず改良の作業を続けて行きます。GT-Rは常に育ち続け、変わり続けるんです」ということ。

その宣言の通り、まず日本をはじめ世の中に出てから、次いでアメリカ向けを煮詰める過程でダンパーのしなやかさを追求し、乗り心地のフラット感を増した。そんな改善策をすぐさま国内向けにも転用し、いろいろ細部にも磨きをかけたのが、08年12月8日に登場した2009年仕様だ。

ざっと機構面の変更点を見ておくと、新構造ダンパーの採用、フロントサスペンションのスプリングレート引き上げ、エンジン本体の製品精度と電子制御の精度向上による最高出力と燃費の向上(480ps/6400rpm→485ps/6400rpm、8.2km/L→8.3km/L)といったところが柱で、ほかには燃料タンクの容量拡大(71L→74L)や、フロントナンバープレートの枠を廃止したことによる全長の短縮(4655mm→4650mm)などがある。

こんな細かいこと、なぜ列挙したかというと、乗った瞬間から、入念なファインチューニングの効果が全身を直撃するからだ。

黒をベースに、赤いアクセントがワンポイントとして加えられたブラックエディションの内装。
黒をベースに、赤いアクセントがワンポイントとして加えられたブラックエディションの内装。
2009年モデルで出力と燃費が若干向上したVR38DETTユニット。パワーは5ps増の485psへ、10・15モード燃費は8.2km/リッターから8.3km/リッターへと向上した。
2009年モデルで出力と燃費が若干向上したVR38DETTユニット。パワーは5ps増の485psへ、10・15モード燃費は8.2km/リッターから8.3km/リッターへと向上した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を発表 2016.12.21 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2016年12月19日(現地時間)、「アヴェンタドール」の次世代モデルとなる「アヴェンタドールS」を発表した。今回のアヴェンタドールSは、エンジンの強化に加えて、空力にこだわった新デザインや4輪操舵システムなどが採用されている。
  • 第379回:日本一、GT-Rを販売する男がそこにいる!
    日産ハイパフォーマンスセンター・亀戸店に潜入取材した
    2016.11.21 エッセイ 実は「日産GT-R」を購入できる販売店は、日本の日産ディーラー全体の5%に満たない。その限られた販売店は「日産ハイパフォーマンスセンター」を名乗る。われわれ取材班は、その販売現場を取材した。日本一GT-Rを売る男とは?
ホームへ戻る