【スペック】全長×全幅×全高=4650×1895×1370mm/ホイールベース=2780mm/車重=1740kg/駆動方式=4WD/3.8リッターV6DOHC24バルブターボインタークーラー付き(485ps/6400rpm、60.0kgm/3200-5200rpm)/価格=882.0万円(テスト車=908万2500円/サッチャム準拠車両防盗システム=26万2500円)

日産GT-Rブラックエディション(4WD/6AT)【試乗記】

進化は止まらない 2009.06.22 試乗記 日産GT-Rブラックエディション(4WD/6AT)
……908万2500円


2008年末のランニングチェンジでエンジンやサスペンションが改良を受けた「GT-R」。初期モデルと乗り味はどう変わったのか? 09モデルを公道で試した。

入念なチューニングの成果

2007年の末に新しいGT-Rを発表した時、開発責任者の水野和敏さんは、例によって大演説をぶった。その中で特に印象に残ってるのは、「これでGT-Rが完成というわけじゃありません。これからも休まず改良の作業を続けて行きます。GT-Rは常に育ち続け、変わり続けるんです」ということ。

その宣言の通り、まず日本をはじめ世の中に出てから、次いでアメリカ向けを煮詰める過程でダンパーのしなやかさを追求し、乗り心地のフラット感を増した。そんな改善策をすぐさま国内向けにも転用し、いろいろ細部にも磨きをかけたのが、08年12月8日に登場した2009年仕様だ。

ざっと機構面の変更点を見ておくと、新構造ダンパーの採用、フロントサスペンションのスプリングレート引き上げ、エンジン本体の製品精度と電子制御の精度向上による最高出力と燃費の向上(480ps/6400rpm→485ps/6400rpm、8.2km/L→8.3km/L)といったところが柱で、ほかには燃料タンクの容量拡大(71L→74L)や、フロントナンバープレートの枠を廃止したことによる全長の短縮(4655mm→4650mm)などがある。

こんな細かいこと、なぜ列挙したかというと、乗った瞬間から、入念なファインチューニングの効果が全身を直撃するからだ。

黒をベースに、赤いアクセントがワンポイントとして加えられたブラックエディションの内装。
日産GT-Rブラックエディション(4WD/6AT)【短評】
2009年モデルで出力と燃費が若干向上したVR38DETTユニット。パワーは5ps増の485psへ、10・15モード燃費は8.2km/リッターから8.3km/リッターへと向上した。
日産GT-Rブラックエディション(4WD/6AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
ホームへ戻る