クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4650×1895×1370mm/ホイールベース=2780mm/車重=1740kg/駆動方式=4WD/3.8リッターV6DOHC24バルブターボインタークーラー付き(485ps/6400rpm、60.0kgm/3200-5200rpm)/価格=882.0万円(テスト車=908万2500円/サッチャム準拠車両防盗システム=26万2500円)

日産GT-Rブラックエディション(4WD/6AT)【試乗記】

進化は止まらない 2009.06.22 試乗記 日産GT-Rブラックエディション(4WD/6AT)
……908万2500円


2008年末のランニングチェンジでエンジンやサスペンションが改良を受けた「GT-R」。初期モデルと乗り味はどう変わったのか? 09モデルを公道で試した。

入念なチューニングの成果

2007年の末に新しいGT-Rを発表した時、開発責任者の水野和敏さんは、例によって大演説をぶった。その中で特に印象に残ってるのは、「これでGT-Rが完成というわけじゃありません。これからも休まず改良の作業を続けて行きます。GT-Rは常に育ち続け、変わり続けるんです」ということ。

その宣言の通り、まず日本をはじめ世の中に出てから、次いでアメリカ向けを煮詰める過程でダンパーのしなやかさを追求し、乗り心地のフラット感を増した。そんな改善策をすぐさま国内向けにも転用し、いろいろ細部にも磨きをかけたのが、08年12月8日に登場した2009年仕様だ。

ざっと機構面の変更点を見ておくと、新構造ダンパーの採用、フロントサスペンションのスプリングレート引き上げ、エンジン本体の製品精度と電子制御の精度向上による最高出力と燃費の向上(480ps/6400rpm→485ps/6400rpm、8.2km/L→8.3km/L)といったところが柱で、ほかには燃料タンクの容量拡大(71L→74L)や、フロントナンバープレートの枠を廃止したことによる全長の短縮(4655mm→4650mm)などがある。

こんな細かいこと、なぜ列挙したかというと、乗った瞬間から、入念なファインチューニングの効果が全身を直撃するからだ。

黒をベースに、赤いアクセントがワンポイントとして加えられたブラックエディションの内装。
黒をベースに、赤いアクセントがワンポイントとして加えられたブラックエディションの内装。 拡大
2009年モデルで出力と燃費が若干向上したVR38DETTユニット。パワーは5ps増の485psへ、10・15モード燃費は8.2km/リッターから8.3km/リッターへと向上した。
2009年モデルで出力と燃費が若干向上したVR38DETTユニット。パワーは5ps増の485psへ、10・15モード燃費は8.2km/リッターから8.3km/リッターへと向上した。
拡大

レーシングカー的資質

細かく分けると3車種あるGT-Rだが、スペックは共通。今回ここに登場するブラックエディションは、シートなど内装の基調が黒で統一され、そのぶん戦闘的というか男っぽい雰囲気に仕上げられている。20インチのホイールはプレミアムエディションともどもダークカラー調のRAYS製で、09年モデル発表とともに、ブラックエディション用の基本装着タイヤが、それまでのBSポテンザRE070 からダンロップSPスポーツ600 DSST(どちらもランフラット)に変更された。これまでの経験からすると、公道でカッ飛ばすにはBSが、サーキットを攻めるならダンロップが向いていた気がするが、はたして………。

実際にステアリングを握ってみた感じを簡単に総括すると、全体に身軽になった。普通この程度のマイナーチェンジでは、ほとんど気のせい程度の差しかないものだが、それよりわかりやすいということ自体、かなりレーシングカー的な資質(わずかな調整で違いが出る)の持ち主ということだろう。その裏には、コンマ1 mmの誤差までこだわって組み立てたボディの剛性など、微塵もいい加減さを許さない品質管理が生きているに違いない。

普通にワインディングロードを走ってわかるのは、これまでよりドタッとした重さが減っていること。ステアリング操作に対する反応が心なしかキリッとして、少し軽くコンパクトなスポーツカーを駆っているような気になる。

ただし、乗り心地が良くなったかどうかは、はっきり言って確信が持てない。と言うより、これは個人差もあるだろうが、多くのリポートに書かれていたほどには、私は硬すぎるなどと感じていなかったから、この09年モデルも、超高性能車としては妥当な範囲にあるとしか評することができない。

さまざまな車両情報を表示・設定できるセンターディスプレイ。HDDナビも標準で備わる。
さまざまな車両情報を表示・設定できるセンターディスプレイ。HDDナビも標準で備わる。
拡大
黒地に赤の組み合わせが際立つブラックエディション専用シート。
黒地に赤の組み合わせが際立つブラックエディション専用シート。
拡大
迫力サイズのリアスピーカー。これはオプションではなく、標準の6スピーカーシステムだ。
迫力サイズのリアスピーカー。これはオプションではなく、標準の6スピーカーシステムだ。
拡大

フレンドリーな一面

ダンパーのセッティングは、ダッシュの中央下にあるスイッチでコンフォート/ノーマル/Rの3段階に切り替えられ、あれこれ試した結果では、当たり前だがノーマルが最良。Rはやはりサーキットでの走行会などのためで、ちょっと舗装面が荒れているだけでもガシガシ来る。それ自体は問題というほどでもないが、ここまで硬いと、よほどハイペースで攻めないかぎりクルマ全体をしっかり押さえつけにくく、どうも跳ねがちになって接地性も落ちる。

逆にコンフォート・モードは、たしかに少しソフトにはなるものの、妙にヒョコヒョコして不快だから、市街地などをゆっくり流す場合のほかは、GT-Rに乗るほどのドライバーなら選ばないだろう。

480psが5ps増えたという差は、もちろん公道でわかるわけがない。もともと480psでさえフルに発揮するチャンスなどないからだ。それどころか、このエンジンは驚くほど粘るので、普通にD レンジに入れたままだと、各ギアで2500rpm も回らないうちに自動的なシフトアップが行われ、気付くと60km/h以下でもトップ(6速)に入っていたりする(変速マップをR モードにしても)。だから、恐ろしいルックスにしては燃費も悪くなく、計器盤の中のスケールで読むと、合法的に高速道路を流す状況では10km/リッターを超えることも多かった。

そこで結論。いつも爆裂的な速さだけが伝えられ、近づき難いGT-Rだが、パワーを上回る駆動系やサスペンションのため、誰でも楽しんで付き合えるグランツーリズモに仕上がっている。剛直な瞬間芸だけにこだわらず、どこまでも走り続ける超速の相棒として、真剣に検討する値打ちはある(861.0万円より、ですが)。

(文=熊倉重春/写真=郡大二郎)

2009年モデルになって、全体に身軽になったというのがリポーターの印象。スポーツカーにとって好ましい進化といえるだろう。
2009年モデルになって、全体に身軽になったというのがリポーターの印象。スポーツカーにとって好ましい進化といえるだろう。
拡大
基本装着タイヤは、ダンロップSPスポーツ600 DSST。BSポテンザ RE070Rもチョイスできる。
基本装着タイヤは、ダンロップSPスポーツ600 DSST。BSポテンザ RE070Rもチョイスできる。
拡大

日産GT-Rブラックエディション(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
GT-R日産試乗記

あなたにおすすめの記事