第96回:上海だけやあらへんで。イタリア、フランスだってコピー天国だ!

2009.06.20 エッセイ

第96回:上海だけやあらへんで。イタリア、フランスだってコピー天国だ!

謎のピカチュウ

ここ数年、北京や上海のモーターショーが開幕すると、毎日のように報道されるのが「コピー車」の話題である。

たしかに“本家”のデザイナーとしては、コストの制約や仕向け地の法基準をクリアしながら血のにじむ想いで考案したボディスタイルを、一瞬にして模倣されてしまうのは腹立たしいに違いない。

そして昨今は、中国だけでなくイタリアやフランスでも「あれ?」「似てるけど、どっか変」と思うアイテムに遭遇することが多々ある。ここ数年、特に目につくのは、「ピカチュウ」と「ハローキティ」である。

背景には、著作権コントロールの甘さがあるのだろう。たとえばイタリアでそうしたコピー商品の摘発にあたるのは、主に財務警察といわれる組織だ。彼らはイタリア製ファッションブランドのコピー商品に対しては取り締まり成果を上げているが、日本製キャラクターグッズのコピー商品に対してはあまり力を入れていない。

また、一般のコピーライトに関する意識の低さもある。
ボクが住む街の、ある陶器店はそれなりに有名な店である。そして職人さんはみんな美術学校を卒業している。にもかかわらず、縁日には子どもの目をひくべく、何の躊躇いもなくピカチュウ似の絵を描いた陶器を屋台に並べるのだ。
日本の芸術系大学の一部には、選択科目に法学の時間があって、著作権について学ぶ機会があるが、こちらではそうしたことは望めない。
だからボクは、日本で「イタリアの熟練職人による、“本物”の味わい」などという広告を見ると、かなり複雑な気持ちになってしまう。

「なんちゃってカー」は中国だけにあらず。これはマレーシアのプロトン・ペルダナ。
「なんちゃってカー」は中国だけにあらず。これはマレーシアのプロトン・ペルダナ。
我が家の街のショッピングセンターで見つけた遊具。
我が家の街のショッピングセンターで見つけた遊具。
こちらは伊仏国境の商店街で。
こちらは伊仏国境の商店街で。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。