【スペック】全長×全幅×全高=4340×1765×1430mm/ホイールベース=2690mm/車重=1540kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブターボ(320ps/5800rpm、45.9kgm/1300-4500rpm)/価格=549万円(テスト車=611万円)

BMW M135i(FR/8AT)【試乗記】

色気さえ感じさせる 2012.11.11 試乗記 BMW M135i(FR/8AT)
……611万円

BMW M社チューンの3リッター直6ターボエンジンを搭載。新型「1シリーズ」の最強モデル「M135i」に試乗した。

高級スーツのよう

BMW M社の新シリーズ、Mパフォーマンス・オートモビルズの初品ぞろえが「M135i」である。
BMWの高性能モデルと、「M3」に代表される“M”製品の中間に位置するのがMパフォーマンスのコンセプトだという。レーシングライクなMよりエモーショナル。「毎日使えるM」というのが新しいサブブランドのテーマらしい。2012年で誕生からまる40年を迎えたM社の、将来を見据えた新プロジェクトである。

2012年春のジュネーブショーでお披露目されたラインナップのなかには、世界初のトリプルターボ直6ディーゼルを載せる「5シリーズ」や「X5」などもあるが、日本向けの初荷がこのM135i。M社チューンの3リッター直6ターボを載せ、やはり専用チューンのアダプティブMサスペンションを備えた最強の新型「1シリーズ」である。

走り出したのは、BMWジャパンの地下駐車場。スタートボタンを押して始動したエンジンは、Mの面々ほど派手ではなかった。だが、ハンドルを右一杯にきって動き出し、BMWの大型バイクがたまっている区画をすり抜け、車寄せから上りのスロープに曲がったあたりで、ワタシはトロけた。まだウオーキングスピードでしかないのに、なんなんだ、このよさは!

頭に浮かんだのは、アルマーニのスーツである。といっても、触ったことすらないのだが、うわさに聞く高級スーツの着心地が、たぶんこんな感じかなと思ったのだ。洗練を極めると、機械も色気を発する。と言いたくなるようなよさである。

「BMW M135i」の室内。8.8インチモニターのiDriveナビゲーションパッケージ、HiFiスピーカーシステムなどが標準で装備される。
「BMW M135i」の室内。8.8インチモニターのiDriveナビゲーションパッケージ、HiFiスピーカーシステムなどが標準で装備される。
シート生地にはヘキサゴンクロスとアルカンタラが使用され、ブルーのラインが入る。
シート生地にはヘキサゴンクロスとアルカンタラが使用され、ブルーのラインが入る。

BMW M135i(FR/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る