「ホンダ・ストリーム」マイナーチェンジ、5人乗りグレードも追加

2009.06.18 自動車ニュース
ストリームRSZ
5人乗りグレードも追加、「ホンダ・ストリーム」マイナーチェンジ

5人乗りグレードも追加、「ホンダ・ストリーム」マイナーチェンジ

本田技研工業は2009年6月18日、5ナンバーサイズのミニバン「ストリーム」の装備変更やグレード追加を行い、同日販売を開始した。

ストリームX HDDナビパッケージのインテリア
ストリームX HDDナビパッケージのインテリア
ストリームRSZ Sパッケージ
ストリームRSZ Sパッケージ

■VSAの採用拡大

今回のマイナーチェンジでは、1.8リッター、2リッター車ともにフロント/リアバンパーの形状など、外観の化粧直しが行われた。車内には、新シート表皮の採用や、大型センターコンソールボックスの設置など、快適性や使い勝手を考慮した変更がなされた。

足まわりもサスペンションの熟成がすすみ、乗り心地、応答性、安定性を向上。車内の静粛性も高められたとのこと。さらに、従来はFF車のみの選択肢であったVSAが、4WD車でも選べるようになったこともニュース。

グレード展開は、1.8リッターの「X」と、2リッターの「Gi」、そしてそれぞれのエンジンに上級グレードの「RSZ」が設定される。「Gi」は、従来の「G」に代わるもので、追突軽減ブレーキやアンチスピンデバイスのVSAなど安全装備を充実させたグレードだ。

価格は182.0万円から275.0万円。

ストリームRST

ストリームRST
RSTのシート
RSTのシート
ストリームRST
ストリームRST

■スポーティな5人乗り仕様

さらに今回、2列シート5人乗りの「RST」グレードが、1.8と2リッター車ともに新たに設定された。
味付けは、全グレード中最もスポーティ。専用チューニングのサスペンションや、3列目がないことによる軽量化で、リニアなハンドリングを実現したと謳われる。さらにエクステリアには大型のテールゲートスポイラー、アンダーカバーの装着などにより、高速直進性も向上したという。
インテリアはシートのステッチやイルミネーションランプを赤くするなど、他のグレードとの差別化が図られた。

また、ストリームの形や室内空間、乗り心地などが気に入っているが、3列目シートは必要ではなく、ステーションワゴン的に使いたいというユーザーにもアピールしていく考えだ。1.5リッターの「エアウェイブ」、2.4リッターの「アコードツアラー」の間を埋めるポジションを担うことになる。
「RST」の荷室容量は、他のグレードの3列目を倒した状態(425リッター)より広く、438リッター(いずれもVDA法)を確保する。

なお「RST」はFFのみの設定となり、価格は1.8リッターが212.0万円、2リッターが233.0万円。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ストリームの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る