【スペック】全長×全幅×全高=4460×1745×1490mm/ホイールベース=2700mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/価格=220万円(テスト車=276万700円)

トヨタ・プリウスS(FF/CVT)【試乗記】

買える、夢 2009.06.17 試乗記 トヨタ・プリウスS(FF/CVT)
……276万700円
デビュー前から注文が殺到し、6月の時点で年内納車が危ぶまれるほど人気の新型プリウス。クルマの完成度は、期待通り、いやそれ以上の出来だった。

乗れば一発でわかる

歴史に前例がないほど「事件なクルマ」になった新型「トヨタ・プリウス」。とにかく2009年4月1日に予約受け付けを開始してから、5月18日の正式発売までの7週間だけで8万台を超える注文が舞い込んだのだから、驚くというより呆れるしかない。試乗どころか現物も見ずに買うと決めたのが8万人! さらに6月上旬までに3万台以上も受注して、今オーダーしても年内に納車できるかどうかという騒ぎらしい。これが事件でなくて何だろう。

そんな新型プリウスの良さは、乗れば一発でわかる。注目の燃費もそうだが、ハイブリッドかどうかなど関係なく、まず快適なセダンとして出来がよろしい。全長4460mm、全幅1745mmのボディはこれまで(2代目)よりわずかに太ったが、まあファミリーカーとして使いやすいギリギリのところ。座ってみると後席の頭の上に余裕が増えた。ルーフラインのてっぺんを微妙に後ろに移したのが効いている。

インテリアの質感も、いかにも次世代志向らしいサッパリ感と、そこそこの高級感を巧みに織りまぜてある。乗り心地もずっしり重厚だし、荒れた舗装路も気持ち良くフラットに通過できる。思い切ったコーナリングでも徹底した安定ぶりだし、各種の安全装備も充実している。電動パワーステアリングの感触も非常に緻密だ。

そのうえで独特の未来感覚が色濃く漂うのが新型プリウス。高膨張比方式の4気筒エンジンが1.5リッター(76ps)から1.8リッター(99ps)へと大型化され、そのぶん力強くなったのは、エコカーとして逆方向みたいだが、余裕が増えたぶん頑張らずにすむので、走りと燃費の両方とも良くなっている。たとえば100km/hでの回転数も、これまで2300rpmだったのが2100rpmまで低くできた。小さい差でも、こういう積み重ねがモノを言うのだ。

Sグレードの10.15モード燃費は、35.5km/リッター。クラウンの3倍も走れる計算になる。
トヨタ・プリウスS(FF/CVT)【短評】
燃費だけでなく、細かな煮詰めにより、居住性や快適性が向上。後席も広くなった。
トヨタ・プリウスS(FF/CVT)【短評】
エンジンの排気量が上がっただけでなく、モーター出力が68psから82psにアップし、より快適に走れるようになった。
トヨタ・プリウスS(FF/CVT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プリウスTRD Ver.1(FF/CVT)【試乗記】 2016.7.27 試乗記 空力パーツや専用チューニングのサスペンション、ボディーの補強パーツなど、いたるところにTRDの用品が装着された「トヨタ・プリウス」のデモカーに試乗。個々のチューニングの効果と、それらが織り成すクルマ全体のドライブフィールをリポートする。
  • トヨタ・プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.27 試乗記 発売以来、好調な販売が伝えられる新型「トヨタ・プリウス」。トヨタ最新の開発コンセプト「TNGA」にのっとって作られた4代目の実力やいかに? 最上級グレード「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」の試乗を通し、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)/プリウスAプレミアム(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.27 試乗記 個性的なデザインをまとって登場した、新型「トヨタ・プリウス」。では、実際に乗ってみたら? 新開発シャシーをベースに磨きぬいたという走りの質や、快適性について報告する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る