クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4460×1745×1490mm/ホイールベース=2700mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/価格=220万円(テスト車=276万700円)

トヨタ・プリウスS(FF/CVT)【試乗記】

買える、夢 2009.06.17 試乗記 トヨタ・プリウスS(FF/CVT)
……276万700円
デビュー前から注文が殺到し、6月の時点で年内納車が危ぶまれるほど人気の新型プリウス。クルマの完成度は、期待通り、いやそれ以上の出来だった。

乗れば一発でわかる

歴史に前例がないほど「事件なクルマ」になった新型「トヨタ・プリウス」。とにかく2009年4月1日に予約受け付けを開始してから、5月18日の正式発売までの7週間だけで8万台を超える注文が舞い込んだのだから、驚くというより呆れるしかない。試乗どころか現物も見ずに買うと決めたのが8万人! さらに6月上旬までに3万台以上も受注して、今オーダーしても年内に納車できるかどうかという騒ぎらしい。これが事件でなくて何だろう。

そんな新型プリウスの良さは、乗れば一発でわかる。注目の燃費もそうだが、ハイブリッドかどうかなど関係なく、まず快適なセダンとして出来がよろしい。全長4460mm、全幅1745mmのボディはこれまで(2代目)よりわずかに太ったが、まあファミリーカーとして使いやすいギリギリのところ。座ってみると後席の頭の上に余裕が増えた。ルーフラインのてっぺんを微妙に後ろに移したのが効いている。

インテリアの質感も、いかにも次世代志向らしいサッパリ感と、そこそこの高級感を巧みに織りまぜてある。乗り心地もずっしり重厚だし、荒れた舗装路も気持ち良くフラットに通過できる。思い切ったコーナリングでも徹底した安定ぶりだし、各種の安全装備も充実している。電動パワーステアリングの感触も非常に緻密だ。

そのうえで独特の未来感覚が色濃く漂うのが新型プリウス。高膨張比方式の4気筒エンジンが1.5リッター(76ps)から1.8リッター(99ps)へと大型化され、そのぶん力強くなったのは、エコカーとして逆方向みたいだが、余裕が増えたぶん頑張らずにすむので、走りと燃費の両方とも良くなっている。たとえば100km/hでの回転数も、これまで2300rpmだったのが2100rpmまで低くできた。小さい差でも、こういう積み重ねがモノを言うのだ。

Sグレードの10.15モード燃費は、35.5km/リッター。クラウンの3倍も走れる計算になる。
Sグレードの10.15モード燃費は、35.5km/リッター。クラウンの3倍も走れる計算になる。
拡大
燃費だけでなく、細かな煮詰めにより、居住性や快適性が向上。後席も広くなった。
燃費だけでなく、細かな煮詰めにより、居住性や快適性が向上。後席も広くなった。
拡大
エンジンの排気量が上がっただけでなく、モーター出力が68psから82psにアップし、より快適に走れるようになった。
エンジンの排気量が上がっただけでなく、モーター出力が68psから82psにアップし、より快適に走れるようになった。 拡大

加速感は2.5リッター級

いや、そんなことより、このエンジンの生かし方に新型プリウスの値打ちがある。もちろん走ることにも使うのだが、それと同時に発電機を回し、その電力を受けたモーターが強烈に働くのが凄い。モーターは回転ゼロからの立ち上がりに最大のトルクを生むのだが、それがなんと21.1kgmもある。これとエンジンを単純合計すると35.6kgm つまり普通の3.5リッター級に匹敵するのだから、どんなに強力かわかるだろう。

実際にアクセルを踏んでみても、エンジンよりモーターが主役なのが感じられる。まず発進はモーターだけが受け持ち、そこからはエンジンと交代したり、必要なら両方が力を合わせたりというトヨタ・ハイブリッド・システムの構図は広く知られているが、初代(97年)より2代目(03 年)、さらに今度の3代目と、代替わりのたびにモーターの受け持ち領域が広くなり、電気感が濃くなっている。まだまだ発電機付きの電気自動車とは呼べないにしても、「ガソリン補助動力付き電気自動車」の域にかなり近づいたとは言えそうだ。

そのグイッと行く感じを3通り選べるのも新型プリウスの特徴。コンソールに3個のボタンがあり、どれも押さなければノーマルモードで、特に何も意識せずスイ〜ッと走れる。エコモードを押すとエンジンやモーターの出力が抑制され、そのぶん燃費が良くなるが、普通におとなしく使うなら、これでも性能に不満は感じない。たぶん誰でも燃費が最大の関心事だから、実際にオーナーになったら、こればかり使うかもしれない。

一方パワーモードを押すと驚くほどパンチが出て、エンジンの響きが逞しくなるだけでなく、ちょっと無理な追い越しも楽々とできてしまう。体感としては、普通の2.5リッター級と同じぐらいだ。

新型では、運転席と助手席がセンターコンソールで仕切られ、包まれ感のある雰囲気が演出された。
新型では、運転席と助手席がセンターコンソールで仕切られ、包まれ感のある雰囲気が演出された。
拡大
「B」は、回生ブレーキを積極的に使うモード。アクセルをオフにした時の減速感が強くなる。
「B」は、回生ブレーキを積極的に使うモード。アクセルをオフにした時の減速感が強くなる。
拡大
リアシートは、先代モデルと比べ、頭上空間が広くなった。
リアシートは、先代モデルと比べ、頭上空間が広くなった。 拡大

満タンで1000km行ける

そのほかにEV走行モードのボタンもあって、これで穏やかにアクセルを踏むとまったくエンジンを使わないまま、本当の電気自動車として走れる。2代目にもあるにはあったが、今度は50km/h以上まで伸びて1kmは行ける(バッテリーの残量が足りれば)から、深夜の住宅地などで重宝するに違いない。

そして燃費は、ベーシックグレードのLで38.0km/リッター!(その他は35.5km/リッター)。あくまでカタログ上の数字だが、それが35.5km/リッターだった2代目でも、普段の生活で22〜25km/リッターというユーザーは多いから、もっとモーターが活躍する新型なら確実に25km/リッターは超えるはず。

実際にいろいろな走行パターンを試したら、普通の市街地で22〜28km/リッターを簡単に記録した。おもしろいことに、パワーモードで元気に走ってもほとんど悪化しない。丁寧なユーザーなら、次の満タンまで1000kmは堅そうだ。

こんな燃費に加え、強烈な電気フィーリング、計器盤の情報表示をステアリングスイッチで簡単に操作できるキーボード感覚、さらにルーフのソーラーパネルからの電力で駐車中に換気を促すシステム(SとGにオプション)など、これでもかとばかり未来を描いてくれるのが新型プリウス。あれこれ欲しいものを付けると安くはないが、「まるごと夢を買う」と思えば、魅力は限りなく大きい。

(文=熊倉重春/写真=峰昌宏)

SとGに設定される「ツーリングセレクション」を選択すると、215/45R17タイヤ+アルミホイール、LEDヘッドランプ、CD+AM/FM(6スピーカー)、リアバンパースポイラー、スマートエントリーが装備される。
SとGに設定される「ツーリングセレクション」を選択すると、215/45R17タイヤ+アルミホイール、LEDヘッドランプ、CD+AM/FM(6スピーカー)、リアバンパースポイラー、スマートエントリーが装備される。
拡大
【試乗車のオプション装備】
フロントアンダーカバー+リアバンパースポイラー=1万5750円/ソーラーパネル付きムーンルーフ+ソーラーベンチレーションシステム&リモートエアコンシステム+スマートエントリー+イルミネーテッドエントリーシステム=22万5750円/タッチトレーサーディスプレイ+インテリジェントパーキングアシスト+HDDナビゲーションシステム=30万8700円/ETCユニット=1万500円
【試乗車のオプション装備】
フロントアンダーカバー+リアバンパースポイラー=1万5750円/ソーラーパネル付きムーンルーフ+ソーラーベンチレーションシステム&リモートエアコンシステム+スマートエントリー+イルミネーテッドエントリーシステム=22万5750円/タッチトレーサーディスプレイ+インテリジェントパーキングアシスト+HDDナビゲーションシステム=30万8700円/ETCユニット=1万500円 拡大