「いすゞオーナーズミーティング2009 in くらがり」開催

2009.06.16 自動車ニュース

大自然の中でマニア談義 〜「いすゞオーナーズミーティング2009 in くらがり」開催

大自然の中でマニア談義 〜「いすゞオーナーズミーティング2009 in くらがり」開催

2009年6月14日、愛知県岡崎市の「くらがり渓谷」駐車場で「いすゞオーナーズミーティング2009 in くらがり」が開かれた。

1963年に誕生した「ベレット」の、廉価グレードである66年式「1300 4ドアサルーン」。残存台数が極めて少ないモデルで、こんないい状態で残っていたのは驚きだが、オーナーが車齢より約20年も若い24歳というのにもビックリ!
大自然の中でマニア談義 〜「いすゞオーナーズミーティング2009 in くらがり」開催
68年に発売されたジウジアーロ・デザインの「117クーペ」。この個体は72年までに作られた通称「ハンドメイド」と呼ばれる初期型だが、ゴールドは珍しい。もちろんリペイントではなく、オリジナルカラーである。
大自然の中でマニア談義 〜「いすゞオーナーズミーティング2009 in くらがり」開催

■いすゞのクルマが大集合!

「いすゞ」がSUVを除く乗用車生産から撤退してすでに16年、SUVの生産終了からもそろそろ7年が経とうとしている。今ではトラック・バスおよびディーゼルエンジンの専業メーカーとしての「いすゞ」しか知らない人もいるようだが、かつては個性的な乗用車をもラインナップしていたのである。

戦前からトラック、バスを中心とするメーカーだったいすゞは、1953年に英国ルーツ・グループの「ヒルマン・ミンクス」のライセンス生産によって乗用車市場に進出。62年には初のオリジナル乗用車である「ベレル」をリリース、それから90年代初頭までに「ベレット」「117クーペ」「ジェミニ」「ピアッツァ」などを送り出してきた。

そうしたいすゞ製乗用車(加えてSUVと一部の商用車)をこよなく愛す人々によって、10年ほど前から毎年開催されている「いすゞオーナーズミーティング」。7年前からは愛知県岡崎市の協力のもと、県下有数の自然環境に恵まれた風光明媚な場所である「くらがり渓谷」の駐車場で実施されている。

梅雨の晴れ間の開催となった今回は、全国から約130台のいすゞ車がエントリー。締切りに間に合わずエントリーは受理されなかったものの、いすゞ車でやってきたギャラリーを含めると、会場付近には150台以上のいすゞ車が集まった。

81年にデビューした初代「ビッグホーン」(当初は「ロデオ・ビッグホーン」)。それ自体今では希少な存在だが、これはさらに貴重な「トルーパーII」と名付けられた対米輸出仕様である。
大自然の中でマニア談義 〜「いすゞオーナーズミーティング2009 in くらがり」開催
「ボンネットバス試乗会」に供された「福山自動車時計博物館」所有の「銀河号」こと66年式「BXD30」。かつて東海バスで「伊豆の踊子号・2号車」として活躍していた個体で、引退後は放置されていたが、2000年に1年かけてレストアされ、現役復帰した。
大自然の中でマニア談義 〜「いすゞオーナーズミーティング2009 in くらがり」開催
ある年齢以上の人間にはたまらない郷愁を漂わせた「BXD30」の運転席。コントロール類はもちろんすべてノンパワーで、運転には相当の熟練を要する。これはドライバーにとって「腕の見せどころ」である、ダブルクラッチを踏んでギアチェンジをキメた瞬間。
大自然の中でマニア談義 〜「いすゞオーナーズミーティング2009 in くらがり」開催

■ボンネットバス試乗会も大人気

その内訳は、残念ながら今回は「ヒルマン」や「ベレル」の参加こそなかったものの、60年代の「ベレット」や「117クーペ」から90年代の「ビッグホーン」や「ビークロス」まで、歴代モデルのほとんどが揃っていた。なかでも目立っていたのが「117クーペ」で、68年にデビューした初期型から70年代末の最終型まで、30台近くを数えた。

プログラムは車両展示を中心に、アトラクションとして地元有志の太鼓演奏や、中部地方で活躍するミュージシャンのミニライブなどを用意。加えて毎回実施され、名物ともなっているのが「ボンネットバス試乗会」。今回は「福山自動車時計博物館」所有の「銀河号」と名付けられた66年式「BXD30」が、エントラントやギャラリーを楽しませた。

集まったクルマとオーナーたちはかなりマニアックながら、緑に囲まれた環境と、オーナーに連れられてやってきた家族、とくに子供たちのおかげでコアな空気が程よく中和され、会場内には終始和やかな雰囲気が漂っていた。

(文と写真=田沼 哲)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。