フォード、プラグインハイブリッド車の実証試験を開始

2009.06.15 自動車ニュース

フォード、プラグインハイブリッド車の実証試験を開始

米フォードは、カナダの電力会社などと共同で、プラグインハイブリッド車の実証実験を開始したと発表した。

フォードは、プラグインハイブリッド車「エスケープ・プラグイン・ハイブリッド(エスケープPHEV)」の実証実験を開始した。エスケープPHEV第一号車の納入先は、カナダの電力会社「ハイドロ・ケベック」。同社は、電気自動車やプラグインハイブリッド車に欠かせない充電装置の開発や供給を行うパートナーとして、PHEVの実証実験をサポートする。

また、プロジェクトには、発電や電力の供給に関する研究を行う独立非営利団体「エレクトリック・パワー・リサーチ・インスティテュート」も参加。今回のプロジェクトは、この3者の共同で普及に向けたインフラ整備や新しいビジネスモデルの構築を目的としたものだ。

エスケープPHEVは、フォードが2004年にSUV初のハイブリッド車として登場させた、「フォード・エスケープ・ハイブリッド」の進化型ともいうべきモデル。高効率なリチウムイオンバッテリーを搭載し、北米の一般的な家庭用電源(120V)で6〜8時間ほどで充電できる。

フォードのPHEVは、充電された状態では電気自動車と同様にモーターのみで駆動する。そして電気がなくなると、そこからはハイブリッドカーとしてエンジンを始動させ駆動や充電を行う。電気のみで走ることのできる航続距離は30マイル(48km)程度と見込まれている。

フォードの試算によると、年間1万8000km走行するユーザーの燃料コストは、ガソリンの場合で1383ドル。これに対し電気ならば244ドル程度と、約6分の1で済むという。

フォードは、このプロジェクトに計21台のテスト車両を投入し、データ収集を行っていく。日本では、三菱自動車の「i-MiEV」スバルの「プラグインステラ」などのEVが脚光を浴びているが、アメリカでも「電気で動くクルマ」が今後ますます注目を集めていくことになりそうだ。

(webCG 曽宮)


フォード、プラグインハイブリッド車の実証試験を開始の画像
アメリカでも今後、自動車メーカーと電力会社によるEVプロジェクトが盛んに行われそうだ。写真は左から、フォードのナンシー・ジョイア氏、ナチュラルリソース&ワイルドライフのクラウド・ベチャード氏、ハイドロ・ケベック社長兼CEOのシエリー・バンダイ氏。
アメリカでも今後、自動車メーカーと電力会社によるEVプロジェクトが盛んに行われそうだ。写真は左から、フォードのナンシー・ジョイア氏、ナチュラルリソース&ワイルドライフのクラウド・ベチャード氏、ハイドロ・ケベック社長兼CEOのシエリー・バンダイ氏。

フォード、プラグインハイブリッド車の実証試験を開始の画像

フォード、プラグインハイブリッド車の実証試験を開始の画像

関連キーワード:
エスケープフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラーXLTエコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.4 試乗記 2015年10月の大幅改良により、新デザインのフロントマスクと2.3リッターターボエンジンが採用された「フォード・エクスプローラー」。0.3リッターの排気量アップが走りにもたらした変化確かめながら、あらためてエクスプローラーというクルマが持つ魅力に触れた。
  • 【フランクフルトショー2017】それぞれに存在感を示した日本メーカー 2017.9.18 自動車ニュース フランクフルトモーターショーにおける、日本メーカーの出展をリポート。ホンダの新しいEVコンセプトカーや、このショーで世界初公開された「スズキ・スイフトスポーツ」などに加え、2018年発売予定の電動スーパーカーも大いに注目を集めていた。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
ホームへ戻る