フォード、プラグインハイブリッド車の実証試験を開始

2009.06.15 自動車ニュース

フォード、プラグインハイブリッド車の実証試験を開始

米フォードは、カナダの電力会社などと共同で、プラグインハイブリッド車の実証実験を開始したと発表した。

フォードは、プラグインハイブリッド車「エスケープ・プラグイン・ハイブリッド(エスケープPHEV)」の実証実験を開始した。エスケープPHEV第一号車の納入先は、カナダの電力会社「ハイドロ・ケベック」。同社は、電気自動車やプラグインハイブリッド車に欠かせない充電装置の開発や供給を行うパートナーとして、PHEVの実証実験をサポートする。

また、プロジェクトには、発電や電力の供給に関する研究を行う独立非営利団体「エレクトリック・パワー・リサーチ・インスティテュート」も参加。今回のプロジェクトは、この3者の共同で普及に向けたインフラ整備や新しいビジネスモデルの構築を目的としたものだ。

エスケープPHEVは、フォードが2004年にSUV初のハイブリッド車として登場させた、「フォード・エスケープ・ハイブリッド」の進化型ともいうべきモデル。高効率なリチウムイオンバッテリーを搭載し、北米の一般的な家庭用電源(120V)で6〜8時間ほどで充電できる。

フォードのPHEVは、充電された状態では電気自動車と同様にモーターのみで駆動する。そして電気がなくなると、そこからはハイブリッドカーとしてエンジンを始動させ駆動や充電を行う。電気のみで走ることのできる航続距離は30マイル(48km)程度と見込まれている。

フォードの試算によると、年間1万8000km走行するユーザーの燃料コストは、ガソリンの場合で1383ドル。これに対し電気ならば244ドル程度と、約6分の1で済むという。

フォードは、このプロジェクトに計21台のテスト車両を投入し、データ収集を行っていく。日本では、三菱自動車の「i-MiEV」スバルの「プラグインステラ」などのEVが脚光を浴びているが、アメリカでも「電気で動くクルマ」が今後ますます注目を集めていくことになりそうだ。

(webCG 曽宮)


フォード、プラグインハイブリッド車の実証試験を開始
アメリカでも今後、自動車メーカーと電力会社によるEVプロジェクトが盛んに行われそうだ。写真は左から、フォードのナンシー・ジョイア氏、ナチュラルリソース&ワイルドライフのクラウド・ベチャード氏、ハイドロ・ケベック社長兼CEOのシエリー・バンダイ氏。
フォード、プラグインハイブリッド車の実証試験を開始

フォード、プラグインハイブリッド車の実証試験を開始

フォード、プラグインハイブリッド車の実証試験を開始

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
ホームへ戻る