【スペック】全長×全幅×全高=5210×1990×1840mm/ホイールベース=3020mm/車重=2141kg/駆動方式=FF/3.6リッターV6DOHC24バルブ(285ps/6300rpm、36.8kgm/3600rpm)/価格=498.0万円(テスト車=同じ)

シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】

未知の強豪 2009.06.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
……498.0万円

全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。

「トラバース」って何者?

恥ずかしながら、「シボレー・トラバース」という車名を聞いて、その姿が浮かばなかったわけです。冷や汗をかきながら資料に目を通すと、GMがシボレーブランドから発表した、最新CUVとのことだった。CUVとはクロスオーバー・ユーティリティ・ビークルの略で、SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)とミニバンの、いいとこ取りをしたカテゴリー。

「トラバース」と同じプラットフォームを使う兄弟車種には、「サターン・アウトルック」「GMCアカディア」「ビュイック・エンクレイブ」があるらしい。そうか、ほかに3人の兄弟がいるのか……、と自分で書きながら、いまいちピンときていません。どれも日本に馴染みのない車種ですし。
ちなみに「トラバース」とは、GMの本拠、ミシガン州にある都市の名前。日本でいうと「ホンダ・青山」みたいな感じの車名か。なんか違う気もする。

三井物産オートモーティブが日本に導入するのは、FFの「トラバースLS」と、4WDの「トラバースLT」。エンジンは、ともに直噴ガソリンの3.6リッターV型6気筒で、これは「キャデラックCTS」などに搭載されるものと基本的には共通だ。本国には7人乗りもあるけれど、日本に入ってくるのは8人乗りだけとなる。今回試乗したのは、FFの「トラバースLS」8人乗り仕様。ここまで予習し、なんとなくわかったような、わからないような気分で、キーを受け取る。

着座位置が高いことを除けば、インパネの造形も乗用車的。そのことに不満はないものの、プラスチック類がやや安っぽく感じられたことは残念。
着座位置が高いことを除けば、インパネの造形も乗用車的。そのことに不満はないものの、プラスチック類がやや安っぽく感じられたことは残念。

シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)【試乗記】 2001.9.11 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)
    ……349.0万円

    北米はオハイオ州に新工場を建設して生産されるシボレーの新鋭SUV「トレイルブレイザー」。4.2リッターという大排気量ながらストレート6という特異なエンジンを積む意欲作である。山梨県は河口湖周辺で、『webCG』記者が乗った。


  • 「シボレー・キャプティバ」に“オールブラック”な特別限定車 2016.6.28 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2016年6月28日、ミドルサイズSUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ Perfect Black(パーフェクトブラック)」を発表した。同年7月2日に15台限定で発売する。
  • 三井物産、シボレーなど2011年モデル予約開始 2010.10.21 自動車ニュース 三井物産オートモーティブは2010年10月、シボレーとキャデラック5車種の2011年モデルの予約販売を開始した。
  • 新型「シボレー・カマロ」の国内受注がスタート 2017.1.12 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年1月12日、同年後半に日本導入を予定している新型「シボレー・カマロ」の先行予約キャンペーンを発表するとともに、各モデルのキャンペーン限定価格を公表した。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
ホームへ戻る