第95回:日本語車名ブームの予兆? 私を「ロードスター “ニセコ”」で連れてって!

2009.06.13 エッセイ

第95回:日本語車名ブームの予兆? 私を「ロードスター “ニセコ”」で連れてって!

「フォード・グラントリノ」

日本では2009年4月から公開している、クリント・イーストウッド監督・主演の新作映画「グラン・トリノ」が、少し前にイタリアでも公開された。孤独で偏屈な老人(イーストウッド)と、アジア系少年の心の交流を描いた作品である。

この作品、タイトルを見て「グラントリノとは何ぞや?」と思った方は多いだろう。自動車ファン歴の長い人は「どこかで聞いたような」と首をひねったに違いない。

「グラントリノ」とは、米国フォードにおける1970年代の1モデルである。映画の中で、老人は元フォード工場の組立工ということになっていて、自ら携わった彼の愛車がグラントリノという設定だ。
グラントリノは“Gran Torino”と書く。フォードが姉妹車「トリノ」とともにイタリアにおける自動車の都トリノに敬意を払ってつけたものといわれる。
グラントリノ以外にも、1960-70年代のフォードは「コルチナ」「カプリ」といったように、イタリアの地名をつけるのが得意だった。背景には以前書いたように、当時の社主ヘンリー・フォード2世が大のイタリア好きだったことがあるのだろう。

フォードだけではない。GMはビュイックに「リヴィエラ」「エルドラード(黄金郷)」、クライスラーはプリマスに「ベルヴェデーレ(展望台)」なんていう名前をつけていた。北米メーカーはスペイン語名も好きだった。スペイン南部の都市名である「(フォード)グラナダ」をはじめ、道を意味する「(シボレー)エルカミーノ」、動物名である「(シボレー)インパラ」など、地名以外でも気になる車名を数多く見つけることができる。1976年から今日まで続く、あのフォード「フィエスタ(祭り)」もその名残といえる。

シエナの街に貼られた映画「グラントリノ」の告知ポスター。
第95回:日本語車名ブームの予兆? 私を「ロードスター “ニセコ”」で連れてって!
「フォード・コルチナ・マーク2」(1967-70年)
第95回:日本語車名ブームの予兆? 私を「ロードスター “ニセコ”」で連れてって!
米国フォードの1955年ドリームカーは「ラ・トスカ」。プッチーニのオペラにちなんだか?
第95回:日本語車名ブームの予兆? 私を「ロードスター “ニセコ”」で連れてって!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。