マッスルカー「シボレー・カマロ」、2009年秋に上陸

2009.06.12 自動車ニュース

マッスルカー「シボレー・カマロ」、2009年秋に上陸

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、2009年秋、新型の「シボレー・カマロ」を日本に導入すると発表した。

既報のとおり、今春から本国で販売が始まっているアメリカンスポーツ、「シボレー・カマロ」。
ゼネラルモーターズの破たん劇により、日本導入を危ぶむ声も聞かれたが、晴れて今年の秋口に上陸する見通しとなった。

日本に導入されるのは、3.6リッターV6エンジンを搭載する「LT」と、400psオーバーの6.2リッターV8を積むハイパフォーマンスモデル「SS」の2車種(いずれも2010年モデル)。価格は、前者で420.0万円からになる見込み。

なお、新車のカマロが日本の道を走るのは、2002年に先代の生産が途絶えて以来のこと。これまで20年以上に渡り2万台以上を販売したモデルの復活とあって、インポーターも気合が入るところだ。

(webCG 関)

新型「シボレー・カマロ」
新型「シボレー・カマロ」 拡大

関連キーワード:
カマロシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • トヨタ・クラウン【開発者インタビュー】 2018.7.2 試乗記 ユーザーの若返りを最重要課題に掲げて全面的に刷新された、トヨタの高級セダン「クラウン」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの秋山 晃さんと、デザインを取りまとめた國重 健さんに語ってもらった。
  • 第2回:シボレー・カマロ 初夏の富士山麓を行く 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 6代目となる現行型「シボレー・カマロ」のコンバーチブルで、目指すは初夏の山中湖。スポーツカーとは一線を画す4シーターオープンならではの気持ちよさと、モダンなアメリカ車が持ち合わせる質の高い走りを、写真とともにリポートする。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る