スズキ、「スイフトRS」の装備を充実

2012.11.05 自動車ニュース

スズキ、「スイフトRS」の装備を充実

スズキは、コンパクトカー「スイフト」の特別仕様車「スイフトRS」の仕様を変更。新たにクルーズコントロールやパドルシフトなどを採用し、2012年11月5日に発売した。

「スイフトRS」は、欧州仕様のチューニングを施した足まわりや、専用のエアロパーツが特徴の特別仕様車である。

今回の改良では、45-100km/hの間で速度の設定が可能なクルーズコントロールシステムを全車に装備。CVT仕様には7段マニュアルモード付きパドルシフトを装備したほか、これまで4WD車のみが標準装備していたリアディスクブレーキを、FF車にも採用した。

また、新たにディスチャージヘッドランプをメーカーオプションに設定。リアコンビネーションランプやシート表皮のデザインも変更されている。
価格はFF車が5MT/CVTともに139万1250円、4WD車が156万9750円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 「スズキ・スイフト」に燃費32.0km/リッターのハイブリッドモデルが登場 2017.7.12 自動車ニュース スズキがコンパクトカー「スイフト」にフルハイブリッドモデルを設定。シングルクラッチ式ATに駆動用モーターを組み合わせたスズキ独自のシステムで、1.2リッターエンジンとの組み合わせにより、32.0km/リッターの燃費を実現している。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る