ベントレーが新型車を2009年夏にリリース

2009.06.11 自動車ニュース

ベントレーが新型車を2009年夏にリリース

英国の高級車ブランド、ベントレーは、2009年夏に「オールニュー」を謳う新型車を投入する。

■特別すぐれたパフォーマンス

新型車の具体的な内容は、一切明らかにされていない。公開されたのは、新型車のエンジンフードの先に備わるマスコットの写真1枚と、1921年に創始者、W.O.ベントレーの最初の顧客となった紳士による台詞の一節、すなわち「ワタシがベントレーを購入した理由は、そのクルマが路上のあらゆる局面において、特別すぐれたパフォーマンスを持っていたため」という賛辞の言葉である。

ベントレーは、「路上のあらゆる局面において、特別すぐれたクルマ」という部分が、新型車にあてはまる特徴であるとの判断から引用したようだ。

そのニューモデルは、2009年夏にリリースされる予定で、ベントレーの本社を構えるクルー工場にて、デザインから設計、組み立てまでが行われる。新型車は、「グランドベントレー」と名付けられた。

(webCG 曽宮)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.7 試乗記 ハイパワーなW12エンジンを搭載する、「ベントレー・コンチネンタルGT」の高性能バージョン「コンチネンタルGTスピード」に試乗。その走りっぷりや、クルマとしての使い勝手を報告する。
  • ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.7.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。
ホームへ戻る