ベントレーが新型車を2009年夏にリリース

2009.06.11 自動車ニュース

ベントレーが新型車を2009年夏にリリース

英国の高級車ブランド、ベントレーは、2009年夏に「オールニュー」を謳う新型車を投入する。

■特別すぐれたパフォーマンス

新型車の具体的な内容は、一切明らかにされていない。公開されたのは、新型車のエンジンフードの先に備わるマスコットの写真1枚と、1921年に創始者、W.O.ベントレーの最初の顧客となった紳士による台詞の一節、すなわち「ワタシがベントレーを購入した理由は、そのクルマが路上のあらゆる局面において、特別すぐれたパフォーマンスを持っていたため」という賛辞の言葉である。

ベントレーは、「路上のあらゆる局面において、特別すぐれたクルマ」という部分が、新型車にあてはまる特徴であるとの判断から引用したようだ。

そのニューモデルは、2009年夏にリリースされる予定で、ベントレーの本社を構えるクルー工場にて、デザインから設計、組み立てまでが行われる。新型車は、「グランドベントレー」と名付けられた。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミュルザンヌの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2015.12.26 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ公道に降り立った。スピードとパワー、そしてラグジュアリー性において、他をしのぐべく開発された“世界最高峰のSUV”の実力を南スペインで試した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
ホームへ戻る