第95回:祝! 「アルト」30周年&1000万台達成 スズキのものづくりを学びに「スズキ歴史館」へ(後編)

2009.06.11 エッセイ

第95回:祝! 「アルト」30周年&1000万台達成スズキのものづくりを学びに「スズキ歴史館」へ(後編)

「アルト」47万円!

ワ:さて、今日のいっぽうの主役でもある初代「アルト」です。(編集部注=取材当日はアルト誕生30年および世界累計販売台数1000万台達成を記念したセレモニーも行われた)
た:これは鈴木修会長兼社長が社長就任後の1979年に発売され、爆発的にヒットしたんだ。
ワ:47万円という価格が衝撃的だったそうですが、そんなに安かったんですか?
た:安かった。45万円を目標にギリギリまでコストダウンしたそうだけど、物品税のかからない商用車登録、いわゆるボンバン(ボンネット・バン)にしたことも大きかった。基本構造を共有する乗用車登録のフロンテだと、最廉価グレードでも約10万円高かったから。
ワ:なるほど。

た:低価格に加えて全国統一価格というのも画期的だったんだ。それまでは工場から離れるに従って価格が高くなっていたから、全国ネットのCMでは価格を正面切って訴求できなかったんだよ。そこいくと、アルトのデビュー時のキャッチフレーズは「アルト47万円」だから。

ワ:そのものズバリですね。
た:アルトのヒットを見て、他社も続々と商用車登録の低価格モデルを出してきた。おかげで70年代初頭をピークにどんどん冷え込んでいた軽市場が、再び上昇に転じた。アルトは単なるヒット作には留まらず、軽自動車全体の復権に貢献したんだ。
ワ:えらいぞ、アルト! 

た:こっちには2代目アルトがある。言っとくけど、ダジャレのつもりじゃないからね。
ワ:はいはい、わかってますから。え〜と、これは「麻美スペシャル」だって。
た:残念! 「麻美フェミナ」が見たかった。
ワ:どう違うんですか?
た:どっちも特別仕様車なんだけど、「麻美フェミナ」は白とピンクのツートーンなんだよ。ちょっぴりクレージュ風の(笑)。しかし、軽自動車のイメージキャラクターに「アンニュイないい女」という雰囲気で売ってた小林麻美を起用するなんて、ありえないと思ったけどなあ。
ワ:3代目アルトの浅香唯とか井森美幸、5代目のキョンキョン(小泉今日子)あたりなら、なんとなくわかりますけどね。
た:だよなあ。でも、小林麻美は死んでも軽には乗りそうにないじゃない? とはいえ世間ではウケたんだろうなあ。

ワ:それはともかくとして、3代目アルトにはこんなのがあったんですね。知らなかった。
た:左右ドアをスライド式にした「スライドスリムIb」か。2代目アルトから採用された回転式ドライバーシートと併せて乗降性を高めていたのだが、傾斜地での開閉に難があるとされて販売は奮わず、一代限りで消滅してしまったんだ。
ワ:そうか、電動ドアじゃなかったんですね。アイディアはよかったのに、なんだかかわいそう。

徹底的にコストダウンして47万円という低価格を実現した「アルト」(1979年)。メカニズムも一新され、12年ぶりにRRからFFに戻り、539cc水冷2ストローク3気筒(28ps)エンジンで前輪を駆動する。朱色のボディカラーは、鮮やかな赤より塗料のコストが安かったため採用されたと言われている。
第95回:祝! 「アルト」30周年&1000万台達成 スズキのものづくりを学びに「スズキ歴史館」へ(後編)
背景には当時の家電など、価格比較の対象となるモノがあれこれ展示されている。
第95回:祝! 「アルト」30周年&1000万台達成 スズキのものづくりを学びに「スズキ歴史館」へ(後編)
2代目「アルト」の特別仕様車「麻美スペシャル」(1985)。「アルトAタイプ」をベースに、エアコンや熱線入りリアウィンドウなどを標準装備。エンジンは543cc水冷4ストローク3気筒SOHC(31ps)。
第95回:祝! 「アルト」30周年&1000万台達成 スズキのものづくりを学びに「スズキ歴史館」へ(後編)
3代目「アルト」にラインナップされた「スライドスリムlb」(1988年)。先代以来の回転式ドライバーズシートも装備されている。
第95回:祝! 「アルト」30周年&1000万台達成 スズキのものづくりを学びに「スズキ歴史館」へ(後編)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ