「ヒュンダイi30」にワゴン版が登場

2009.06.10 自動車ニュース

「ヒュンダイi30」にワゴン版が登場

ヒュンダイモータージャパンは2009年6月9日、新型のワゴン「i30cw」(アイサーティcw)を発売した。

「i30cw」は、5ドアハッチバック「i30」のワゴンバージョンだ。ホイールベースを50mmストレッチしたうえで、ボディの外寸も前後に230mm延長。ベースモデルに比べ、後席の居住性と荷室の使い勝手にアドバンテージをもつのがポイントだ。
肝心の荷室は、容量が415〜1395リッター。アンダートレイやDC12V電源ソケットも標準で装備する。

日本に導入されるのは、5ドアハッチバック版と同じく、1.6リッター直4ユニット(121ps/6200rpm、15.6kgm/4200rpm)を積む「1.6GL」と、2リッター版「2.0GLS」(143ps/6000rpm、19.0kgm/4600rpm)の二本立て。どちらもレギュラーガソリン仕様で、10・15モードの燃費値は、それぞれ15.2km/リッターと12.8km/リッターだ。

両グレードともに、電動ガラスサンルーフとルーフレール、6つのエアバッグを標準装備。装備面での違いは、ホイールサイズ(15インチと16インチ)のほか、ESP(エレクトリックスタビリティプログラム)、トリップコンピューター、運転席のランバーサポートなどの有無が挙げられる。

価格は、「1.6GL」が193万2000円で、「2.0GLS」が228万9000円。ハッチバック版に比べて、それぞれ15万7500円と21万円高の価格設定となっている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

i30の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • パリモーターショー2016の会場から(その22) 2016.10.5 画像・写真 ヒュンダイは、パリモーターショー2016に、新型「i30」や同車をベースとした高性能モデル「RN30」のコンセプトモデルなどを出展した。そのほか、キアの新型「リオ」やマイナーチェンジを受けた「ソウル」のターボモデルを写真で紹介する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る