「VWゴルフ」に、ディーゼルエンジン搭載のスポーティグレード登場

2009.06.10 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に、ディーゼルエンジン搭載のスポーティグレード登場

独フォルクスワーゲンは、コンパクトカー「ゴルフ」に、最新のディーゼルエンジンを搭載した「GTD」グレードを追加した。

■伝統のスポーティディーゼル

初代ゴルフにもラインナップされた「GTD」グレードが、6代目となる新型ゴルフにも設定された。ディーゼルエンジンを採用しながらも、スポーティに仕立てられたグレードである。

2009年3月に開催された、独ライプツィヒショーで初公開となった新型「ゴルフGTD」は、2リッター直4のコモンレール式ディーゼルターボエンジン「TDI」を搭載。最高出力170psと、最大トルク35.7kgmを発生し、0-100km/h加速8.1秒、最高速度222km/hのパフォーマンスが公表される。トランスミッションはコンベンショナルな6段MTと、6段DSGを用意。ハイライトとなる燃費は18.2km/リッターを記録し、欧州の排出ガス基準であるEURO5もクリアーする。

外観はスポーティグレード「GTI」のそれを受け継ぐもの。識別点は、フロントグリルのデザイン(GTDは水平なラインが入る)と、エグゾーストパイプのテールエンド(GTDはクロームの2本出し)などである。
インテリアは、ブラックを基調にレッドをアクセントカラーとして使う「GTI」とは違い、ブラック×グレーのシックなカラーリング。シートはスポーツタイプが与えられる。

シャシーもGTI由来のものが用いられるが、スプリングやダンパー、スタビライザーなどのセッティングは、GTD向けにチューニングされている。ESPは標準装備。オプションでアダプティブシャシーコントロール「DCC」を選択することも可能だという。

日本導入については未定である。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンゴルフ/ゴルフヴァリアント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI/R」にさらなる高性能モデル登場 2017.10.23 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年10月23日、「ゴルフGTI」および「ゴルフR」に特別仕様車「ゴルフGTIパフォーマンス」「ゴルフRパフォーマンス」をそれぞれ設定し、前者が500台、後者が100台の台数限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
ホームへ戻る