「VWゴルフ」に、ディーゼルエンジン搭載のスポーティグレード登場

2009.06.10 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に、ディーゼルエンジン搭載のスポーティグレード登場

独フォルクスワーゲンは、コンパクトカー「ゴルフ」に、最新のディーゼルエンジンを搭載した「GTD」グレードを追加した。

■伝統のスポーティディーゼル

初代ゴルフにもラインナップされた「GTD」グレードが、6代目となる新型ゴルフにも設定された。ディーゼルエンジンを採用しながらも、スポーティに仕立てられたグレードである。

2009年3月に開催された、独ライプツィヒショーで初公開となった新型「ゴルフGTD」は、2リッター直4のコモンレール式ディーゼルターボエンジン「TDI」を搭載。最高出力170psと、最大トルク35.7kgmを発生し、0-100km/h加速8.1秒、最高速度222km/hのパフォーマンスが公表される。トランスミッションはコンベンショナルな6段MTと、6段DSGを用意。ハイライトとなる燃費は18.2km/リッターを記録し、欧州の排出ガス基準であるEURO5もクリアーする。

外観はスポーティグレード「GTI」のそれを受け継ぐもの。識別点は、フロントグリルのデザイン(GTDは水平なラインが入る)と、エグゾーストパイプのテールエンド(GTDはクロームの2本出し)などである。
インテリアは、ブラックを基調にレッドをアクセントカラーとして使う「GTI」とは違い、ブラック×グレーのシックなカラーリング。シートはスポーツタイプが与えられる。

シャシーもGTI由来のものが用いられるが、スプリングやダンパー、スタビライザーなどのセッティングは、GTD向けにチューニングされている。ESPは標準装備。オプションでアダプティブシャシーコントロール「DCC」を選択することも可能だという。

日本導入については未定である。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンゴルフ/ゴルフヴァリアント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記