「スズキ・エスクード」、サーフブランド「オニール」との限定モデル

2009.06.10 自動車ニュース

「スズキ・エスクード」、サーフブランド「オニール」との限定モデル

スズキは、SUV「エスクード」にサーフブランド「O'NEILL」(オニール)」とタイアップした特別限定車「オニール リミテッド」を設定し、2009年6月9日に発売した。販売は、600台限定。

今回の特別仕様車「オニール リミテッド」は、2.4リッター「XG」のATモデルに、アメリカのサーフブランド「オニール」のロゴ入り専用アイテムや、防水加工を施した装備を追加した限定モデル。

特別装備として、専用フロントグリルにツートーン(車体色×銀色)のフロントアンダースポイラーを採用するほか、ガンメタリックの軽量18インチアルミホイールなどを装着する。
インテリアは、ブラックカーボン調シフトパネルや、「O'NEILL」のロゴが入った防水シート、防水ドアトリムクロス、フロアマットなど専用アイテムを装備。電動サンルーフも備わる。
さらに、安全装備として、ESP(車両走行安定補助システム)を採用し、ヒルディセントコントロール、ヒルホールドコントロールが標準装備される。

ボディカラーは、紺、黒、パールホワイトの3色を用意。
価格は、ベース車に比べ16万8000円高い、236万2500円となる。

(webCG ワタナベ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.2 試乗記 「SX4」の後継車種として生まれた、スズキのクロスオーバーモデル「SX4 Sクロス」。欧州を中心とした世界の市場に投入されるSUVは、実直なまでに作りこまれた走行性能と実用性を備えていた。
  • スズキ、「SX4 Sクロス」に一部仕様変更を実施 2017.6.15 自動車ニュース スズキは、クロスオーバー「SX4 Sクロス」を一部仕様変更し、2017年7月6日に発売する。今回の変更の主な内容は、新しいフロントデザインの採用と内装の質感向上、6段ATの採用など。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.3 試乗記 FRベースのプラットフォームを用いていた従来モデルからすべてを一新。FFベースのプラットフォームとモノコックボディーを採用した4代目「スズキ・エスクード」が、日本に上陸した。ハンガリーから海を渡ってやってくる、新たなコンパクトSUVの実力を試す。
ホームへ戻る