「スズキ・エスクード」、サーフブランド「オニール」との限定モデル

2009.06.10 自動車ニュース

「スズキ・エスクード」、サーフブランド「オニール」との限定モデル

スズキは、SUV「エスクード」にサーフブランド「O'NEILL」(オニール)」とタイアップした特別限定車「オニール リミテッド」を設定し、2009年6月9日に発売した。販売は、600台限定。

今回の特別仕様車「オニール リミテッド」は、2.4リッター「XG」のATモデルに、アメリカのサーフブランド「オニール」のロゴ入り専用アイテムや、防水加工を施した装備を追加した限定モデル。

特別装備として、専用フロントグリルにツートーン(車体色×銀色)のフロントアンダースポイラーを採用するほか、ガンメタリックの軽量18インチアルミホイールなどを装着する。
インテリアは、ブラックカーボン調シフトパネルや、「O'NEILL」のロゴが入った防水シート、防水ドアトリムクロス、フロアマットなど専用アイテムを装備。電動サンルーフも備わる。
さらに、安全装備として、ESP(車両走行安定補助システム)を採用し、ヒルディセントコントロール、ヒルホールドコントロールが標準装備される。

ボディカラーは、紺、黒、パールホワイトの3色を用意。
価格は、ベース車に比べ16万8000円高い、236万2500円となる。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
エスクードスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記 デビュー3年目の改良により、新しいフロントデザインとトルコン式6段ATが採用された「スズキSX4 Sクロス」に試乗。スズキがハンガリーで製造しているクロスオーバーSUVは、運転がしやすくて快適な、優れた“道具”に仕上がっていた。
  • スズキ・ジムニーXC/ジムニーシエラJC 2018.7.5 画像・写真 スズキが誇る本格オフロード4WD「ジムニー/ジムニーシエラ」が20年ぶりにフルモデルチェンジ。満を持して登場した新型の、いかにも“クロスカントリー車”といった武骨でスクエアなスタイリングを写真で紹介する。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-3 20S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.6.15 試乗記 マツダが、コンパクトSUV「CX-3」に大幅なマイナーチェンジを実施。内外装の質感向上やエンジンの改良など、全方位的に手を加えられた改良モデルの実力を、ガソリン、ディーゼル両モデルの試乗を通してチェックした。
ホームへ戻る