「スズキ・エスクード」、サーフブランド「オニール」との限定モデル

2009.06.10 自動車ニュース

「スズキ・エスクード」、サーフブランド「オニール」との限定モデル

スズキは、SUV「エスクード」にサーフブランド「O'NEILL」(オニール)」とタイアップした特別限定車「オニール リミテッド」を設定し、2009年6月9日に発売した。販売は、600台限定。

今回の特別仕様車「オニール リミテッド」は、2.4リッター「XG」のATモデルに、アメリカのサーフブランド「オニール」のロゴ入り専用アイテムや、防水加工を施した装備を追加した限定モデル。

特別装備として、専用フロントグリルにツートーン(車体色×銀色)のフロントアンダースポイラーを採用するほか、ガンメタリックの軽量18インチアルミホイールなどを装着する。
インテリアは、ブラックカーボン調シフトパネルや、「O'NEILL」のロゴが入った防水シート、防水ドアトリムクロス、フロアマットなど専用アイテムを装備。電動サンルーフも備わる。
さらに、安全装備として、ESP(車両走行安定補助システム)を採用し、ヒルディセントコントロール、ヒルホールドコントロールが標準装備される。

ボディカラーは、紺、黒、パールホワイトの3色を用意。
価格は、ベース車に比べ16万8000円高い、236万2500円となる。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.2 試乗記 「SX4」の後継車種として生まれた、スズキのクロスオーバーモデル「SX4 Sクロス」。欧州を中心とした世界の市場に投入されるSUVは、実直なまでに作りこまれた走行性能と実用性を備えていた。
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.5.18 試乗記 スズキのコンパクトクロスオーバー「SX4」がフルモデルチェンジ。名前も新たに「SX4 Sクロス」となった新型の試乗を通し、今日におけるスズキの“登録車”の実力を探った。
  • 「ボルボ・アマゾン」のブルーをまとった「V40」の限定車登場 2017.2.16 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月16日、ショートワゴン「V40」に特別仕様車「アマゾンブルーエディション」を設定し、200台の台数限定で発売した。「ボルボ・アマゾン」をオマージュして設定され、ボディーカラーにはアマゾンの「ライトブルー」が採用された。
ホームへ戻る