スズキ、北米の四輪車販売事業から撤退

2012.11.06 自動車ニュース

スズキ、北米の四輪車販売事業から撤退

スズキは2012年11月6日、北米での四輪車販売事業から撤退すると発表した。

同社の子会社で、ハワイ州を除く米国でのスズキ製品販売を手掛けるアメリカンスズキモーター社(ASMC)は、11月5日(現地時間)開催の取締役会において、四輪車販売事業からの撤退に当たり米国連邦破産法第11章に基づく更生手続きの申請を決議。今後は二輪車・ATV(バギー)事業と船外機事業に経営資源を集約することで、経営再建を図る。

ASMCの負債総額は2012年9月30日の時点で3億4600万ドル(約276億8000万円)。このうち1億7300万ドル(約138億4000万円)がスズキグループに対する債務となっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。