第94回:祝! 「アルト」30周年&1000万台達成 スズキのものづくりを学びに「スズキ歴史館」へ(中編)

2009.06.10 エッセイ

第94回:祝! 「アルト」30周年&1000万台達成スズキのものづくりを学びに「スズキ歴史館」へ(中編)

スズキ初の小型乗用車

ワ:これまで軽ばかりだったのに、急に立派になりましたね。
た:1965年に発売された、スズキ初の小型乗用車である「フロンテ800」だよ。
ワ:60年代じゃ私は生まれてないから当然なのかもしれないけど、初めて見ました。
た:なんか引っかかるなあ、その言い方。まあいいけど、50年代生まれの俺でも実車はほとんど見た記憶がないよ。なにしろこれはおよそ3年半の間に2717台しか作られてないんだから。

ワ:なんでそんなに少ないんですか?
た:ひとことで言うなら、あまり売る気がなかったから。そもそもこれは60年代初頭、貿易自由化対策として既存の自動車メーカーの合併・統合を進め、新規参入を阻もうとした通産省(現・経産省)に対し、独立独歩を旨とするスズキがその技術力をアピールするために開発されたモデルなんだよ。
ワ:はあ。
た:もしこの通産省の構想が実現したら、スズキは実績のある二輪と軽しか作れなくなってしまうことを意味していたんだ。
ワ:ふ〜ん。
た:結果的には廃案となって事無きを得たんだけど、そうした経緯で生まれただけに、フロンテ800はハナから大量生産は考えておらず、ほとんど手作りに近かったらしいよ。

ワ:で、どんなクルマだったんでしょう?
た:エンジンはもちろん2ストロークなんだけど水冷3気筒で、駆動方式は作り慣れたFF。じつはこれにもお手本があって、ドイツの「DKW」の小型車にそっくりだった。
ワ:DKW? BMWじゃなくて?
た:うん。DKWは現在のアウディのルーツにあたあるメーカー。戦前から2ストロークエンジンによるFF車を作ってて、初期のサーブとか、旧東独のトラバントやヴァルトブルクなど、みなDKWを参考にしていたんだよ。
ワ:へえ、そうなんだ。

※「フロンテ800」については、エッセイ「これっきりですカー」で詳しく紹介しています。
『ハンドメイドの大衆車』スズキ・フロンテ800(1965〜69)

1963年の東京モーターショーでデビュー、約2年後にようやく発売されたスズキ初の小型乗用車である「フロンテ800」(1965年)。スタイリングは当時売れっ子だったイタリア人デザイナーの「ミケロッティ」風だが、スズキのオリジナルという。サイドウィンドウにカーブドガラスをいち早く採用していた。
1963年の東京モーターショーでデビュー、約2年後にようやく発売されたスズキ初の小型乗用車である「フロンテ800」(1965年)。スタイリングは当時売れっ子だったイタリア人デザイナーの「ミケロッティ」風だが、スズキのオリジナルという。サイドウィンドウにカーブドガラスをいち早く採用していた。
「フロンテ800」のカタログより。大きなリアウィンドウ、2つ並んだ円形テールランプなど、リアビューもイタリアン。
「フロンテ800」のカタログより。大きなリアウィンドウ、2つ並んだ円形テールランプなど、リアビューもイタリアン。
同じくカタログより。エンジンは2ストロークだが、スズキ初の水冷で、同じくスズキ初の3気筒。785ccから最高出力41ps/4000rpm、最大トルク8.1kgm/3500rpmを発生、前輪を駆動した。
同じくカタログより。エンジンは2ストロークだが、スズキ初の水冷で、同じくスズキ初の3気筒。785ccから最高出力41ps/4000rpm、最大トルク8.1kgm/3500rpmを発生、前輪を駆動した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ