【スペック】全長×全幅×全高=4415×1795×1475mm/ホイールベース=2625mm/車重=1480kg/駆動方式=4WD/2.5リッター水平対向4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(300ps/6200rpm、35.7kgm/2800-6000rpm)/価格=315万円(テスト車=382万2000円)

スバル・インプレッサ WRX STI A-Line(4WD/5AT)【ブリーフテスト】

スバル・インプレッサ WRX STI A-Line(4WD/5AT) 2009.06.09 試乗記 ……382万2000円
総合評価……★★★★

高性能をもっと気軽に――そんなファンの声に応えたという、AT版の「WRX STI」。走りや乗り心地の“実際”をリポートする。

親しみやすい「能ある鷹」

レース競技やスポーツ走行を楽しむために、絶対的な性能を求めるユーザーには邪道? かもしれないが、バリバリ硬派なクルマを片手片足でラクラク操作で乗るという商品企画は、アリだと思う。今回の「インプレッサ WRX STI A-Line」は、そんな目的のユーザーにとっては★5つのクルマだろう。

しかしそうであるならば余計に、ごく日常の運転状況における乗り心地を考えたいところ。すなわちフラット感や、G的な突き上げ緩和を求めたい。微小ストローク域だけでも、いっそうの快適化を望みたい。

逆に、そうした「荒さ」こそこのモデルに求めたいとする人もいるだろう。
つまり、自分ではそんな野蛮な運転はしないが「やればできるんだろうな……」という想像の世界を思い描く人には、ぴったりなモデルなのだ。細かい評価は後述するが、高性能車をお手軽にというコンセプトが達成されているのは間違いない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る