第93回:祝! 「アルト」30周年&1000万台達成 スズキのものづくりを学びに「スズキ歴史館」へ(前編)

2009.06.09 エッセイ

第93回:祝! 「アルト」30周年&1000万台達成スズキのものづくりを学びに「スズキ歴史館」へ(前編)

 

スズキは今年「アルト」30周年&販売台数1000万台を達成。そして4月にオープンした「スズキ歴史館」は、1909年の創業以来、スズキが取り組んできたものづくりの精神がつまった施設。『webCG』ワタナベは、スズキのモノづくりと歴史を学ぶべく、エンスーライター田沼 哲さんと共にスズキ本社のある浜松へ向かった。

ルーツとなる「鈴木式織機製作所」の店舗を模したエントランス。
第93回:祝! 「アルト」30周年&1000万台達成 スズキのものづくりを学びに「スズキ歴史館」へ(前編)
創業者である鈴木道雄(1887-1982年)の胸像。
第93回:祝! 「アルト」30周年&1000万台達成 スズキのものづくりを学びに「スズキ歴史館」へ(前編)
スズキの自動車業界における処女作であるバイクモーター「パワーフリーE2」(1952年)。36ccの空冷2ストローク単気筒、最高出力1.0ps/4000rpm。左の胸像は2代目社長の鈴木俊三。
第93回:祝! 「アルト」30周年&1000万台達成 スズキのものづくりを学びに「スズキ歴史館」へ(前編)

スズキのはじまりは自動車じゃない!?

ワタナベ(以下「ワ」):自動車のミュージアムを見学するのは、じつは今日が初めてなんです。わくわくするなあ〜。
田沼(以下「た」):へえ、そうなんだ。お、エントランスにさっそく凝ったディスプレイがあるぞ。
ワ:機織動自……? いきなりわけがわからないんですけど。
た:左からじゃなくて右から読むんだよ。鈴木式改良自動織機。左にカラフルな布を織ってる機械があるだろ? もともとここ遠州の地は繊維産業が盛んで、スズキは1909年に織機製造から始まったんだ。
ワ:まったく知りませんでした。

た:ちなみにトヨタもルーツは遠州で、織機からスタートしたんだよ。スズキに話を戻すと、自動車メーカーへの道を歩み始めたのは戦後の1952年。記念すべき第1作がこの「パワーフリー」というバイクモーター。
ワ:自転車にエンジンを付けたみたいですね。
た:ていうか、そのものだよ。バイクモーターとは、既存の自転車への後付けを前提に設計されたエンジンのことだから。
ワ:じゃあ自転車はスズキ製じゃないんですか?
た:うん。これは山口自転車製だな。ついでにいうと、ホンダも同じ浜松の地で、戦後間もなくバイクモーターから二輪業界に参入したんだよ。

ワ:ふ〜ん。パワーフリーから2年後の54年に出たという「コレダCO」になると、急にオートバイらしくなりますね。
た:うん。「コレダCO」は、すべてスズキで開発・生産された初めての製品なんだって。
ワ:見た目はクラシックな感じで悪くないけど、「コレダ」って不思議な車名だなあ。
た:「オートバイはこれだ!」という意味から名付けたそうだよ。
ワ:またまた〜。私が何も知らないと思って。
た:ホントだってば。スズキにはそうした語呂合わせやダジャレのようなネーミングが少なくないんだよ。「あると便利なクルマ」から「アルト」とか、「(セダンもあるけど)ワゴンもあーる」から「ワゴンR」とか。
ワ:にわかには信じがたいですね。まるでオヤジギャグじゃないですか。
た:しーっ! 今日はアルトとワゴンRの名付け親である鈴木修会長兼社長もいらしてるんだから。(編集部注=上記のネーミングの由来は本当です)

本格的なオートバイ第1号である「コレダCO」(1954年)。後に2ストロークメーカーとして世界に名を馳せるスズキだが、これは90ccの空冷4ストローク単気筒OHVで、最高出力2.0ps/5000rpmだった。
第93回:祝! 「アルト」30周年&1000万台達成 スズキのものづくりを学びに「スズキ歴史館」へ(前編)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ