「マツダAZ-ワゴン」に快適装備を追加した特別仕様車

2009.06.08 自動車ニュース
「マツダAZワゴン」に快適装備を追加した特別仕様車

「マツダAZ-ワゴン」に快適装備を追加した特別仕様車

マツダは、軽自動車「AZ-ワゴン」に特別仕様車「XSスペシャル」を設定し、2009年6月5日に発売した。


「マツダAZワゴン」に快適装備を追加した特別仕様車

「AZ-ワゴン」はスズキからマツダにOEM供給される軽自動車。
今回の「AZ-ワゴン XSスペシャル」は、NAの上級モデル「XS」をベースに、快適な装備を追加した特別仕様車だ。

同車には、LEDターンランプ付きカラードドアミラーをはじめ、フルオートエアコンや本革巻きステアリングホイール、さらにチルトステアリングや運転席シートリフター、タコメーター付きメーターパネルなどが装備され、快適性が高められた。

ボディカラーは、パールホワイト、ミステリアスバイオレットパールなど5色を用意。
価格は、ベース車に比べ3万1500円高の、119万7000円(FF/4AT)と131万4600円(4WD/4AT)。また、ベースモデルにない自動無段変速機(CVT)搭載車をFFモデルに設定。こちらの価格は122万8500円となる。

(webCG ワタナベ)

関連記事
  • マツダ、軽「AZ-ワゴン」をフルモデルチェンジして発売 2008.10.2 自動車ニュース マツダは、スズキからOEM供給される軽自動車「AZ-ワゴン」シリーズをフルモデルチェンジし、2008年9月29日に発売した。
  • 「マツダAZ-ワゴン」に上質装備の特別仕様車 2011.12.21 自動車ニュース マツダは2011年12月21日、軽乗用車「AZ-ワゴン」に、特別仕様車「XSリミテッド」と「カスタムスタイルXSリミテッド」を設定し、販売を開始した。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • マツダの新型軽「スピアーノ」発売 2002.2.18 自動車ニュース マツダは、新型の軽自動車「スピアーノ」を、2002年2月15日に発売した。
  • マツダ、軽乗用車の装備を充実と新機種 2001.11.22 自動車ニュース マツダは、スズキからのOEM供給を受ける軽自動車「AZ-ワゴン」(スズキ・ワゴンR)「ラピュタ」(スズキ・Kei)の内外装変更や装備の充実を行うとともに、「AZ-ワゴン」にスポーティタイプの「RR-Z」を、「キャロル」(スズキ・アルト)にCD付きオーディオなどを与えた「SXスペシャル」を追加設定し、2001年11月21日販売を開始した。
  • 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)【試乗記】 2002.11.16 試乗記 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)

    2002年11月11日に発表された三菱のニューコンパクト“まじめまじめまじめ”コルト。スリーダイヤモンド入魂の最新モデルを、webCG記者が北海道は十勝で試乗した。


  • マツダ「スピアーノ」に特別仕様車 2003.1.10 自動車ニュース マツダは、軽自動車「スピアーノ」(スズキ「アルトラパン」のOEM版)に、特別仕様車「Type M」を設定、2002年12月26日に発売した。
  • プジョー307CC S16(5MT)【ブリーフテスト】 2004.4.9 試乗記 ……430.5万円
    総合評価……★★★★

    バックオーダーを抱えるほどの人気を誇った「プジョー206CC」に続き、“フル4シーター”を謳う「307CC」が登場。自動車ジャーナリストの金子浩久が、神奈川県は箱根で乗った。


  • マツダの“丸角”軽「スピアーノ」、一部改良 2004.10.29 自動車ニュース マツダは、角を丸めたスタイルの軽自動車「スピアーノ」(「スズキ・アルトラパン」のOEM版」)の一部を改良し、2004年10月28日に発売した。
  • 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)【試乗記】 2004.11.27 試乗記 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)
    ……185万3250円/191万1000円

    「コルト」の派生車種として当初から計画されていながら、「事件」のために投入時期が遅れてしまったユーティリティワゴンの「コルトプラス」。三菱の再生の行方を占う久々のニューモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。


ホームへ戻る