GM、サターンを売却

2009.06.08 自動車ニュース

GM、サターンを売却

米ゼネラルモーターズ(GM)は2009年6月5日、「サターン」ブランドを、自動車ディーラーの大手ペンスキーに売却することで合意したと発表した。

米GMは、「サターン」ブランドを、自動車販売の大手ペンスキーに売却することで基本合意した。ペンスキーは、元レーシングドライバーのロジャー・ペンスキーが率いる会社。全米に310のディーラーを持ち、自動車販売のほかにも、レーシングチームの運営やトラックのリース、自動車修理などを行っている。また、北米におけるスマートの独占販売権も持つ。

サターン売却の条件には、既存のディーラー350社と従業員1万3000人を引き継ぐことが盛り込まれている。

ラインナップは当面、「オーラ」「ヴュー」「アウトルック」の3モデルとなる見通し。なお、これらの車両の開発・生産は、引き続きGMが行う。

2社の正式契約は、2009年第三四半期に締結される見通しとなっている。

(webCG 曽宮)

サターン・アウトルック
サターン・アウトルック
ヴュー
ヴュー
オーラ
オーラ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。