ルノーとケーターハム、スポーツカー開発で提携

2012.11.06 自動車ニュース
ルノーCOOのカルロス・タバレス氏(左)と、オートモーティブ・アルピーヌ・ケーターハムのCEOに就任予定のベルナール・オリビエ氏。
ルノーとケーターハム、次世代スポーツの開発で提携

ルノーとケーターハム、次世代スポーツカーの開発で提携

フランスのルノーとイギリスのケーターハムは、2012年11月5日、次世代スポーツカーの開発/生産に向けて提携を結んだことを発表した。

F1で活躍するケーターハムF1チームには、現在ルノーがエンジンを提供。モータースポーツの分野でも両社はパートナー関係にある。
ルノーとケーターハム、次世代スポーツの開発で提携

新たに開発されるスポーツカーは、ルノー傘下のスポーツカーブランド「アルピーヌ」よりリリースされる計画で、生産はフランス・ノルマンディーにある同社のディエップ工場で行われる。

また、ケーターハムは現在ルノーの100%子会社であるオートモーティブ・アルピーヌ・ルノーの株式を50パーセント取得。2013年1月には新会社のオートモーティブ・アルピーヌ・ケーターハムが誕生する予定だ。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。