「トヨタ・ヴォクシー」に、クールな特別仕様車

2009.06.08 自動車ニュース

「トヨタ・ヴォクシー」に、クールな特別仕様車

トヨタ自動車は2009年6月8日、ミニバン「ヴォクシー」の外装をドレスアップし、オーディオ装備を充実させた特別仕様車を設定。同日販売を開始した。

特別仕様車「ZS“煌(きらめき)II”」は、パワフルなエンジンと豪華装備がウリのグレード「ZS」がベースとなる。フロントグリルやアッパーグリル、バックドアガーニッシュなどをシルバーメタリックに塗装。さらにディスチャージヘッドランプやドアミラー、アウトサイドドアハンドルなどがメッキ加飾され、クールな印象を高めたという。デュアルパワースライドドア、自動点灯/消灯機能のコンライト、ステアリングオーディオスイッチも特別装備。
加えてオーディオ機能の充実も図られた。ベースモデルに3つスピーカーを追加し、9スピーカーへと変更。専用のアンプも与えられた。

価格はFFが254.1万円、4WDが275.1万円で、それぞれベースモデルの8.4万円高。

(webCG 本諏訪)

「ヴォクシーZS“煌”II」
「ヴォクシーZS“煌”II」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴォクシーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る