第94回:ヨーロッパ随一!? の「アメ車保護区」発見!

2009.06.06 エッセイ

第94回:ヨーロッパ随一!? の「アメ車保護区」発見!

ヨーロッパでは、馴染みが薄い

ゼネラルモーターズ(GM)がついに米連邦破産法11条の適用を申請した。
当然イタリアでも報道されたが、ニュースに割いた時間はといえば、先日までのフィアットによるオペル買収関連のほうが明らかに長かった。

そもそもイタリアの一般人にとって、GM倒産はそれほどの関心事ではない。4年前までフィアットがGMと提携していたことでさえ、ケロリと忘れている人が大半だ。

背景のひとつは、「GM」というブランドのクルマがないからであろう。シボレーといっても2005年以降、ヨーロッパでは韓国GMDAT製のコンパクトカーやSUVを指すようになっている。若い世代で、シボレーがアメリカ発祥だと知る者は稀だ(コルベットは別ブランドとして扱われている)。
キャデラックも、熟年世代以上には高級車の一般名詞的に浸透しているものの、GMの1ブランドとして認識している人は限られている。GMに限らず、ヨーロッパの普通の人たちは、アメリカ車全体に馴染みが薄いのだ。

その理由はひとえに、見かける機会がきわめて少ないからだ。数少ない例外は、オーストリアのマグナ・シュタイアで製造されたクライスラー系である。「ボイジャー」「グランドボイジャー」、旧ダイムラー・クライスラー時代の産物である「300C」、そして「ジープ・グランドチェロキー」といったモデルだ。

前述のキャデラックも、多くの人がとっさに連想するのは、往年のテールフィンを生やした頃のものだ。いっぽうで、今日のキャデラックがどういう形をしているか、知っている人は少ない。

ジュネーブ市街に溶け込む「シボレー・アストロバン」。
ジュネーブ市街に溶け込む「シボレー・アストロバン」。
クレディ・アグリコル銀行前に佇むクライスラー。
クレディ・アグリコル銀行前に佇むクライスラー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。