第389回:や、ヤバイ?
もしや新型「マジェスタ」でクラウンの魔力に気づいちゃったのかも!?

2009.06.05 エッセイ

第389回:や、ヤバイ? もしや新型「マジェスタ」でクラウンの魔力に気づいちゃったのかも!?


第389回:ちょ、ちょっとヤバイ?「マジェスタ」で、ついにクラウンの魔力に気づき始めた俺!

癒しパワーを初めて痛感

久々ちょっとヤバいかも、と思ってしまいました。俺も完璧オヤジ化したのか、あるいは一歩踏み出し始めてしまったのかなぁ……と。
なぜなら、新型マジェスタに乗ったのをきっかけに、初めて心の底から「いい!」と思ってしまったのだ。トヨタ・クラウンのことを。

今までも散々乗ってきたし、「クラウンらしい世界築いてるなぁ」とか「低速での静けさはピカイチだよなぁ」とか思ってはいました。でもどれも基本的には受け売りというか、お勉強して気づいただけの話で、心の底では「なんでオッサンはこんなの乗るんだ?」とか「これ買う金あったら、俺ならメルセデスかビーエム買うだろうなぁ」と思ってたのね。どこか他人事だったというか……。

しかも新型、というか現行クラウンに関しては、九州の試乗会で長距離乗ったし、マジェスタも発表直後に富士スピードウェイの敷地内で結構乗ったんだけど、基本的にはよく理解できなかった。ピンときてなかった。
ところが先日、一週間ほど新型マジェスタを借りた時のこと。今もハッキリと覚えていますが、とある明け方、疲れ切って事務所から家まで帰る瞬間、たしか雨が降っていたけど、心の底にふと「これ、ホントいいなぁ……」と思わされるものがあったわけですよ。シートに座り、ドアを閉めたとたんにすごくホッとして、守られ感を感じただけでなく、走る度に癒され、疲れが取れるよう。その瞬間「ああ、これがクラウンの味なんだ」とわかったわけです。

さらにその時は南は箱根から、北は潮来や宇都宮の先の矢板まで長距離何度も往復しまくって、走る度に癒しパワーを痛感。こりゃ買う人の気持ちもわかるわ。特にマジェスタ、車両価格700万円は高いけど、その価値あるなぁと思ったわけです。と同時に俺も年とったんだなぁと……(苦笑)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』