スバルが電気自動車を発表! 性能と価格は……? 

2009.06.05 自動車ニュース

スバルが電気自動車を発表! 性能と価格は……? 

富士重工業は2009年6月4日、電気自動車「スバル・プラグイン ステラ」を発表した。

プラグイン ステラは、同社の軽自動車「ステラ」をベースとした電気自動車。2008年7月の洞爺湖サミットに提供されたコンセプトカー「スバル・プラグイン ステラ コンセプト」が、量産バージョンとなって世に出たわけだ。

軽さや小ささがメリットとされるリチウムイオンバッテリーを搭載し、47kWのモーターで前輪を駆動。一充電あたり約90kmの走行が可能である(10・15モード)。
制動時には、ブレーキに備わる「回生エネルギーシステム」がそのエネルギーを回収する。
充電に要する時間は、家庭用の100V交流電源で約8時間、200Vで約5時間。専用の設備で急速充電すれば、15分で容量の80%まで充電することもできるという。

もちろん、ガソリン代は、かからない。……が、気になる車両本体価格は、472万5000円(!)。

ただし、一般社団法人「次世代自動車振興センター」の補助対象となっており、上限138万円までの補助金が与えられる。その環境性能から重量税と取得税が(2012年の春までは)免除になるのも朗報だ。

「発電から計算しても、ガソリン車よりも大幅に環境負荷が少なく、利便性と実用的な航続距離を兼ね備えた新しいモビリティ」とは、メーカーの弁。
納車が始まるのは今夏7月下旬からで、年内は170台程度が販売される見込みだという。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバル・ステラL(FF/CVT)/ステラカスタムRS(FF/CVT)【試乗速報】 2006.6.27 試乗記 スバル・ステラL(FF/CVT)/ステラカスタムRS(FF/CVT)
    ……110万4600円/152万2500円

    軽自動車のスタンダードとなったハイトワゴンが、ようやくスバルからも登場した。「ワゴンR」「ムーヴ」「ライフ」と強力なライバルが居並ぶ中で、「ステラ/ステラカスタム」が激戦区で戦うための武器とはいかなるものか。


  • スバル・ステラカスタムR リミテッドS(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2011.7.12 試乗記 ……136万円
    総合評価……★★★

    ダイハツからのOEM車として生まれ変わった「スバル・ステラ」シリーズ。その中身にスバルらしさは感じられるのか? スポーティグレードに試乗し、確かめた。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • 「スバル・ステラカスタム」に135万円の新グレード登場 2016.6.21 自動車ニュース スバルが軽乗用車「ステラ」を一部改良。「カスタム」に装備を簡素化し、価格を抑えた新グレード「F」を設定したほか、メーカーオプションである「プレミアムセレクション」「ブラックインテリアセレクション」の配色や装飾パネルの意匠を変更した。
  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


ホームへ戻る