スバルが電気自動車を発表! 性能と価格は……? 

2009.06.05 自動車ニュース

スバルが電気自動車を発表! 性能と価格は……? 

富士重工業は2009年6月4日、電気自動車「スバル・プラグイン ステラ」を発表した。

プラグイン ステラは、同社の軽自動車「ステラ」をベースとした電気自動車。2008年7月の洞爺湖サミットに提供されたコンセプトカー「スバル・プラグイン ステラ コンセプト」が、量産バージョンとなって世に出たわけだ。

軽さや小ささがメリットとされるリチウムイオンバッテリーを搭載し、47kWのモーターで前輪を駆動。一充電あたり約90kmの走行が可能である(10・15モード)。
制動時には、ブレーキに備わる「回生エネルギーシステム」がそのエネルギーを回収する。
充電に要する時間は、家庭用の100V交流電源で約8時間、200Vで約5時間。専用の設備で急速充電すれば、15分で容量の80%まで充電することもできるという。

もちろん、ガソリン代は、かからない。……が、気になる車両本体価格は、472万5000円(!)。

ただし、一般社団法人「次世代自動車振興センター」の補助対象となっており、上限138万円までの補助金が与えられる。その環境性能から重量税と取得税が(2012年の春までは)免除になるのも朗報だ。

「発電から計算しても、ガソリン車よりも大幅に環境負荷が少なく、利便性と実用的な航続距離を兼ね備えた新しいモビリティ」とは、メーカーの弁。
納車が始まるのは今夏7月下旬からで、年内は170台程度が販売される見込みだという。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ステラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る