【スペック】全長×全幅×全高=4020×1720×1255mm/ホイールベース=2330mm/車重=1160kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブ(162ps/6700rpm、19.3kgm/5000rpm)/価格=295万円(テスト車=295万5250円)

マツダ・ロードスターVS RHT(FR/6AT)【ブリーフテスト】

マツダ・ロードスターVS RHT(FR/6AT) 2009.06.05 試乗記 ……295万5250円
総合評価……★★★★
2008年末にマイナーチェンジされたマツダのオープンスポーツ「ロードスター」。オープンカーの季節到来! ということで、改めてハードトップモデルに乗り、その仕上がりを確かめた。

納得できないコトもある

春の日差しが心地良い、絶好のオープンカー日和に「マツダ・ロードスター」を借り出した私は、久しぶりにオープンエアモータリングを満喫した。都心、高速道路、箱根のワインディングロードなどをドライブしたが、どんな場所、どんなスピードでも、走る愉しさをもたらしてくれるロードスターに惚れ直してしまった。またオープンカーがほしいなぁ……私をそんな気にさせるほど、ロードスターの仕上がりはいい。

しかし、あらためてカタログをチェックすると、ひとつ残念なことを発見。ソフトトップのモデルにはオートマチックの設定がないのだ。
RHT(リトラクタブルハードトップ)のできは文句ないし、確かに便利で快適だが、デザインの好みからいえば、たぶん私はソフトトップを選ぶだろう。私はマニュアルが好きだから問題はないけれど、もしもマニュアルが苦手とか、オートマ免許だったら、RHTしか選べないことになる。これには納得がいかない。

そもそもロードスターにRHTを追加したのは、ロードスターファンを拡大するためだったはず。間口を広げてくれたのは評価するが、だからといって「オートマしか運転できないドライバーはみんなRHT」と押しつけるのは、少しやりすぎではないか? これではかえってユーザーの選択肢が減ってしまう。

オープンカーのように趣味性の強いクルマは、そのスタイリングに魅せられて興味を持つ人は少なくない。便利さや快適さより、デザインにこだわる人も多いだろう。このご時世、あまりラインナップを増やしたくないという売る側の論理もあるだろうが、ファンが支えてきたロードスターだからこそ、買い手の気持ちをもう少し大切にしてほしい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る