ルーフは革製!? 「シトロエンDSインサイド」、個性をチラ見せ

2009.06.04 自動車ニュース

ルーフは革製!? 「シトロエンDSインサイド」、個性をチラ見せ

仏シトロエンは、2010年からの「DSシリーズ」展開を示唆するコンセプトモデル「DSインサイド」のインテリアを初公開した。

2009年3月のジュネーブショーでデビューした「DSインサイド」は、3ドアのコンパクトなコンセプトモデル。個性的なデザインとサスペンションで知られた1955年生まれの名機「DS」の名を冠し、2010年からの販売開始を予定している新型車「DS3」の姿を示唆するクルマとされる。

今回、そのインテリアの写真が初公開。黒からアイボリーへとグラデーションがかかったレザーシートや、同じく黒とアイボリーを基調としたインストゥルメントパネル部分など、ご先祖のように個性あふれるモデルであることが見てとれる。

一番の特徴はルーフの素材に高級な本革(!)があてがわれていること。さらに、表面にはDSのロゴをエンボス加工するという凝りようで、実際、「DS3」のカスタマイズオプションとして用意される予定だという。

「DS=Different Spirit」の名前に象徴されるように、「シトロエンの系譜を受け継ぎ、近代的かつ独創的である」ことをアイデンティティにすえる新生「DS」。より大きな「DS4」や「DS5」といったモデルもデビューを控えているとのことである。

(webCG ケヤキ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンDS3/DS3カブリオ 2014.5.23 画像・写真 マイナーチェンジを受けた「シトロエンDS3」を写真で紹介する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンDS3レーシング(FF/6MT)【試乗記】 2012.12.16 試乗記 シトロエンDS3レーシング(FF/6MT)
    ……360万円

    国内わずか35台の限定車「シトロエンDS3レーシング」に試乗。シトロエン・レーシングが手掛けたWRC連覇記念モデルの走りやいかに?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る