ルーフは革製!? 「シトロエンDSインサイド」、個性をチラ見せ

2009.06.04 自動車ニュース

ルーフは革製!? 「シトロエンDSインサイド」、個性をチラ見せ

仏シトロエンは、2010年からの「DSシリーズ」展開を示唆するコンセプトモデル「DSインサイド」のインテリアを初公開した。

2009年3月のジュネーブショーでデビューした「DSインサイド」は、3ドアのコンパクトなコンセプトモデル。個性的なデザインとサスペンションで知られた1955年生まれの名機「DS」の名を冠し、2010年からの販売開始を予定している新型車「DS3」の姿を示唆するクルマとされる。

今回、そのインテリアの写真が初公開。黒からアイボリーへとグラデーションがかかったレザーシートや、同じく黒とアイボリーを基調としたインストゥルメントパネル部分など、ご先祖のように個性あふれるモデルであることが見てとれる。

一番の特徴はルーフの素材に高級な本革(!)があてがわれていること。さらに、表面にはDSのロゴをエンボス加工するという凝りようで、実際、「DS3」のカスタマイズオプションとして用意される予定だという。

「DS=Different Spirit」の名前に象徴されるように、「シトロエンの系譜を受け継ぎ、近代的かつ独創的である」ことをアイデンティティにすえる新生「DS」。より大きな「DS4」や「DS5」といったモデルもデビューを控えているとのことである。

(webCG ケヤキ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • 「シトロエンDS 60周年ミーティング」の会場から 2015.5.1 画像・写真 2015年4月26日、静岡県掛川市のヤマハリゾートつま恋で「シトロエンDS 60周年ミーティング」が開かれた。1955年のパリサロンで「DS」が衝撃的なデビューを飾ってから、今年でちょうど60年。それを記念してオーナー有志が企画したのがこのミーティングで、当日は27台のDSシリーズが集まった。シトロエンの記念ミーティングを写真で紹介する。
  • シトロエンDS3/DS3カブリオ 2014.5.23 画像・写真 マイナーチェンジを受けた「シトロエンDS3」を写真で紹介する。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 新デザインのヘッドランプを備えた「DS 3」登場 2015.2.4 自動車ニュース 見た目も安全装備も進化した「DS 3ニューライトシグネチャー」が登場。
ホームへ戻る