ロータス「エヴォーラ」がついに発売

2009.06.04 自動車ニュース

ロータス「エヴォーラ」がついに発売

英国ロータスカーズの正規輸入代理店であるLCIは2009年6月3日、ミドシップスポーツカー「エヴォーラ」の販売を開始した。

■デビュー記念の特別仕様車も

2009年1月に、日本での初お披露目が行われた、ロータスのニューモデル「エヴォーラ」が、発売された。
同車は1995年の「エリーゼ」デビュー以来となるニューシャシーを用い、トヨタ製3.5リッターV6(280ps、34.9kgm)をミドに搭載。6MTを介し、後輪を駆動する、2+2スポーツカーである。(詳細はこちら

日本仕様のオプションには、HDDナビや上級オーディオ、クルーズコントロール、パーキングセンサーなどの電装品をセットにした「テックパック」(55万円)、レザートリムなど内装をラクシャリーにする「プレミアムパック」(42万円)を用意。走りを楽しむ向きには、スロットルレスポンスやレブリミット、トラクションコントロールなどを変更できるスポーツモード切替スイッチや、チタン製エグゾーストテールパイプ、クロスドリルドブレーキディスクなどがセットになった「スポーツパック」(18万円)も用意される。

シートレイアウトは2+2のほか、2シーターも選択可能。価格はそれぞれ、892万5000円と850万5000円。

また、デビューを記念して、特別仕様車「ファースト・リミテッド・エディション」も同時に発売された。限定20台となる同車は、初期ロット生産車両に、テックパック、プレミアムパック、スポーツパックのすべてを装着し、ETCや電動ミラーなどの便利装備も与えた全部入りモデル。
2+2のみで、価格は1059万3000円に設定される。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
エヴォーラロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(6人乗り)(FF/6AT)【試乗記】 2018.2.15 試乗記 マツダが新たに開発した3列シートのSUV「CX-8」は、ミニバンに代わる選択肢になり得るか? ドライバーとその家族の目線で試乗してみると、このクルマならではの持ち味が見えてきた。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
ホームへ戻る