ロータス「エヴォーラ」がついに発売

2009.06.04 自動車ニュース

ロータス「エヴォーラ」がついに発売

英国ロータスカーズの正規輸入代理店であるLCIは2009年6月3日、ミドシップスポーツカー「エヴォーラ」の販売を開始した。

■デビュー記念の特別仕様車も

2009年1月に、日本での初お披露目が行われた、ロータスのニューモデル「エヴォーラ」が、発売された。
同車は1995年の「エリーゼ」デビュー以来となるニューシャシーを用い、トヨタ製3.5リッターV6(280ps、34.9kgm)をミドに搭載。6MTを介し、後輪を駆動する、2+2スポーツカーである。(詳細はこちら

日本仕様のオプションには、HDDナビや上級オーディオ、クルーズコントロール、パーキングセンサーなどの電装品をセットにした「テックパック」(55万円)、レザートリムなど内装をラクシャリーにする「プレミアムパック」(42万円)を用意。走りを楽しむ向きには、スロットルレスポンスやレブリミット、トラクションコントロールなどを変更できるスポーツモード切替スイッチや、チタン製エグゾーストテールパイプ、クロスドリルドブレーキディスクなどがセットになった「スポーツパック」(18万円)も用意される。

シートレイアウトは2+2のほか、2シーターも選択可能。価格はそれぞれ、892万5000円と850万5000円。

また、デビューを記念して、特別仕様車「ファースト・リミテッド・エディション」も同時に発売された。限定20台となる同車は、初期ロット生産車両に、テックパック、プレミアムパック、スポーツパックのすべてを装着し、ETCや電動ミラーなどの便利装備も与えた全部入りモデル。
2+2のみで、価格は1059万3000円に設定される。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エヴォーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る