スポーティな「フィアット・パンダ」、好評につき再登場

2009.06.04 自動車ニュース

スポーティな「フィアット・パンダ」、好評につき再登場

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、スポーティなチューニングを施した特別仕様車「フィアット・パンダ100HP」を、2009年6月13日に100台限定で発売する。

「フィアット・パンダ100HP」は、2007年10月にも130台限定で販売され、すでに完売した人気モデル。好評を受け、このたび再び発売されることになった。

搭載される1.4リッターエンジンは、最高出力100psと最大トルク13.3kgmのパフォーマンスで、「100HP」の由来ともなっている。組み合わされるトランスミッションは6段マニュアル。エンジンの出力特性やステアリングアシストを変化させる「スポーツ」スイッチも備わる。

エクステリアは、専用のフロント/リアバンパーや、サイドスカート、ルーフスポイラーなどで飾られ、インテリアもスポーツシートやレザーステアリング、ブラック/グレーの2トーン内装などでスポーティに装われる。
専用サスペンション、15インチホイール、後輪ディスクブレーキなど、ドライビングに関わる部分にも手が加えられた。

以前のモデルと同様に、フルオートエアコンやCDプレーヤー、ESPなどの装備が与えられるほか、新たにウィンドウエアバッグも付与された。

右ハンドルが用意され、ボディカラーは5色をラインナップ。価格は209.0万円で、100台の限定販売となる。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
パンダフィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.23 試乗記 日本導入から4年を経たルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」の実力を、大幅なマイナーチェンジを機にあらためて検証。商品力高めのイマドキなクロスオーバーに“ルノーらしさ”はあるか? ドライブフィールを中心に、その出来栄えを確かめた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る