【スペック】全長×全幅×全高=5070×1900×1490mm/ホイールベース=3070mm/車重=2000kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブターボ(326ps/5800rpm、45.9kgm/1500-4500rpm)/価格=1010万円(テスト車=1316万5000円)

BMW740i(FR/6AT)【ブリーフテスト】

BMW740i(FR/6AT) 2009.06.04 試乗記 ……1316万5000円
総合評価……★★★★★

「BMW 7シリーズ」が5代目になった。エンジン性能や居住性の向上を謳う、フラッグシップセダンの乗り心地や、いかに?

欲しいのは、ポリシー

電子機能のデキが最初からこのレベルでまとまっていれば、先代の評価もまた違ったことだろう。とはいえ、まだ完璧と評するにはいたらない。例えばラジオを消したいと思った時、iDriveをあれこれ操作しても即座に切ることができないし、ボリュームを下げることもまた難しい。これらスイッチの構成が、煩雑であるからだ。手続きをアチコチ分散させずに簡略化させるか、あるいはどこからでもオフできるように機能を重複させるか、そのどちらかが望ましい。
メーカー側が明確な主義主張をもたず、サプライヤーのいうがままにパーツを受け容れた結果、どこか一貫していない部分が見受けられるのだ。使い方はご自由にというユーザーへの気遣いだとしても、その程度が中途半端なのである。いっそのこと、もっとメーカー主導でいい。

ターボを備えつつ排気量を落としたエンジンなど、駆動系の進化は時代に合ってきている。もはや、排気量を上げさえすればいいという考えに戻ることはないだろう。ただし、カタログでは軽量化を謳っているものの、絶対的な車重はまだまだ重い。ランフラットタイヤの効用は肯定できるが、乗り心地対策はもっと必要だ。それこそ、価格なりの高級さが求められる部分なのだから。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

7シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る