【スペック】全長×全幅×全高=4400×1695×1850mm/ホイールベース=2725mm/車重=1340kg/駆動方式=FF/1.6リッター 直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、15.5kgm/4400rpm)/価格=186万3750円(テスト車=同じ)

日産NV200バネット(FF/4AT)【試乗記】

はたらくグローバルカー 2009.06.03 試乗記 日産NV200バネット(FF/4AT)
……186万3750円

2009年5月に発表された「NV200バネット」。その特徴は、かなり個性的なデザインと、抜群の機能性がマッチしていること。クルマを道具として使い倒したいユーザー必見のニューモデルだ。

本職は商用車です

そのカタチは、「ルノー・カングー」あたりの欧州フルゴネットを思わせる。2007年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカーほぼそのままのサイズとスタイルで登場した「NV200バネット」(以下NV200)が、このように一部のマニア(ワタシも含む)にもツキ刺さりそうなカタチで登場したのには、それなりの理由がある。

5ナンバー登録のワゴンモデル(7人乗り)も用意するNV200だが、主力はあくまで4ナンバー登録の商用車だ。スタイリングは独特だが、強いていえば、従来型バネット/ボンゴ/デリカ(すべてマツダ製OEM)やトヨタ・ライトエース/タウンエース(インドネシア製)などの小型ワンボックスバンと競合するクルマである。しかし、「優先すべきは人間の空間より荷室長」という日本の商用車設計の定石からすれば、ご覧のように、NV200はハナが長すぎる。なんとなく同じ日産のセレナに似ていると思ったら、担当したチーフデザイナーはセレナと同一人物だそうだ。

NV200がこういうカタチなのは、これが日本だけでなく、ヨーロッパや中国でも現地生産して真剣に大量販売をもくろむ世界戦略車だからだ。もちろん、日本の商用車はこれまでも世界中で作られて売られてきたのだが、基本パッケージからこれほどグローバル販売を想定した商用車は日産でも初の試みだとか。フロントタイヤと運転席が近すぎる日本流ワンボックスパッケージでは、小回り性や積載性能にはメリットがあっても、ヨーロッパで求められる高速性能や運転席環境をクリアできないのだろう。

写真は、バンのベーシックグレード「DX」。このモデルはブラックの樹脂バンパーが標準となる。ボディ同色タイプの「GX」もラインナップする。
写真は、バンのベーシックグレード「DX」。このモデルはブラックの樹脂バンパーが標準となる。ボディ同色タイプの「GX」もラインナップする。
バン「DX」のフロントシート。乗用ミニバン同様の楽な運転姿勢がとれる。が、バンはシート背後に安全バーが通っているためリクライニング幅は少ない。
バン「DX」のフロントシート。乗用ミニバン同様の楽な運転姿勢がとれる。が、バンはシート背後に安全バーが通っているためリクライニング幅は少ない。
どことなく欧州車を思わせるNV200のリアビュー。大きく見えるが、サイズは5ナンバー枠に収まっている。
どことなく欧州車を思わせるNV200のリアビュー。大きく見えるが、サイズは5ナンバー枠に収まっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NV200バネットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産NV200バネット(FF/4AT)【試乗記】 2009.6.3 試乗記 日産NV200バネット(FF/4AT)
    ……186万3750円


    2009年5月に発表された「NV200バネット」。その特徴は、かなり個性的なデザインと、抜群の機能性がマッチしていること。クルマを道具として使い倒したいユーザー必見のニューモデルだ。
  • 日産NV200 ニューヨーク市タクシー 2013.10.9 画像・写真 間もなく本格稼働開始!「日産NV200」の“イエローキャブ”仕様を写真で紹介する。
  • 「日産NV200バネット ワゴン」に新グレード 2014.9.3 自動車ニュース 日産が「NV200バネット ワゴン」の仕様を変更。上級グレードを追加設定した。
  • 三菱デリカD:3 G(FF/4AT)【試乗記】 2011.12.6 試乗記 三菱デリカD:3 G(FF/4AT)
    ……203万7000円

    日産からOEM供給を受けて登場した、三菱の5ナンバーサイズミニバン「デリカD:3」。商用車ベースのミニバンに試乗し、あらためて気づいたこととは。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
ホームへ戻る